スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびっこ大冒険 パート1

R0018293_convert_20110202000215.jpg

早いものでもう2月。
ボリビアの学校は今日から新年度が始まる。
学校で手洗い指導等の活動させてもらっている僕にとっても、いよいよ帰国前の最後の学期を迎えることになる。

去年の5月から、僕はエステバン(12歳)という名の近所の子どもの家庭教師みたいなことをしている。
(過去の記事参照: http://taku0805.blog85.fc2.com/?q=%BE%AE%A4%B5%A4%CA%C2%E7%A4%AD%A4%CA%CB%AC%CC%E4%B5%D2)
そのうちに、仲の良い弟エベル(8歳)もすぐ付いて来るようになった。
初めはずっと折り紙を教えていたが、覚えの良い彼らは僕が持ってきた折り紙教本にある形をほぼ全てマスターしてしまったので、最近は英語を楽しく勉強している。
エベルはまだ学校で英語はやっていない年齢だが、それでもお兄ちゃんと一緒に「ABCの歌」を歌えるようになった。
外国人であっても”Profe!(先生!)”と言って慕ってくれる彼らは、僕にとってすごく大切な友人だ。

そんな彼らと、この学校が休みの間を使って小旅行に行ってきた。
目的地は彼らのお父さんの故郷。
任地パタカマヤから山間を2時間程車で走った場所にある村だったが、ここでの滞在は本当に有意義なものだった。
R0018429_convert_20110202000754.jpg

2年前まで家族揃ってこの村に住み商店をやっていたそうだが、パタカマヤに引っ越してからは一度も帰ったことがないとのこと。
どうりで1泊させてもらった彼らの家は半ば廃屋のようになっていた。
R0018296_convert_20110202001251.jpg

子どもたちも昔の記憶がよみがえってきたようで、お世辞にも綺麗とは言えない状態のかつての我が家を見ながら、はじめのうちは何となくセンチメンタルな感じになっていたが、すぐに気分を切り替えて、2年前に売ってたお菓子の残りを取り出して食べたり(僕も勧められて食べてみたが、とても食べられた味じゃなかった・・・)、プレゼントした剣玉で遊んだりし始めた。
R0018312_convert_20110202001649.jpg

土レンガで作った質素な家には似つかわしくなく、この家にはPanasonicのテレビとDAEWOOのDVDプレーヤーがあった。
しかもちゃんと動く!
この日はお昼過ぎまであいにくの雨降りだったので、雨が止むまで弟エベルの大好きな「スチュアート・リトル」を見た。
映画の中で昔留学時代にいたニューヨークの町並みが出てきて、華やかなブラウン管の中と、今自分がいるボリビアの山間の質素な家を比べながら、何だかそのあまりにもアンバランスな状況がおかしかった。
そして、自分がその両方の世界を経験していることが不思議な感じすらして、ニューヨークにいた頃の自分と、今の自分が同じに思えない気さえした。
R0018332_convert_20110202002027.jpg
「スチュアート・リトル」を見るお父さん。

午後になると雨が止んだので、裏手にある山に行こうということになった。
山に行く前にお父さんが道中に食べるためのスナックを作ってくれた。
トウモロコシをトーストしたものだ。
中庭にある土かまどで火をおこし、黒焦げになった古い鍋の中でトーストする。
R0018338_convert_20110202002416.jpg

それにしても、アンデスのトウモロコシはカラフルだ・・・
R0018341_convert_20110202002742.jpg

山の上でパチリ!
R0018398_convert_20110202003113.jpg

裏山への散歩中には、みんながその土地の植生について色々教えてくれた。
子どもたちも本当によく草花の名前を知っている。
極めつけは石ころだらけの地面から何かの植物の根っこのようなものを掘り出し、それを食べ始めた!
R0018431_convert_20110202003542.jpg
「ジャガイモみたいでおいしいでしょ?」と言うが、僕には全くその美味しさが分からなかった(苦笑)
いや~たくましい。

この村には商店と言えるようなものもなかったが、お父さんがご近所さんからいただいたものや、その場にあるもので夕飯を作ってくれた。
ジャガイモ、チューニョ(ジャガイモを完全脱水・乾燥させた見た目は石ころみたいな保存食)、トマト、お米のスープ。とても美味しかった!
R0018447_convert_20110202003937.jpg
このチューニョ、床に置いてあった袋から取り出したから、つまり・・・2年以上経ったもの。
僕が新宿で働いていたときに仕込まれたチューニョか・・・と思うと感慨深い(笑)

夜は電灯のない2階の寝室で、眠りにつく前にお父さんがアコーディオンを弾いて聴かせてくれた。
DVDプレーヤーやらアコーディオンやら、2年も寝かせておくにはもったいない物がたくさん出てくる。
ちなみにこのアコーディオンはお父さんが教会で賛美歌を弾くために、かなりの額をはたいて購入したもの。
暗闇に響く賛美歌のメロディーは、いつもよりも優しく美しく耳の奥に残った。


つづく

ある日の独り言


出国のスタンプをもらった君が手を振る
ほんの15m先の距離がとても遠い
次の一瞬、君の姿はもう見えない
さぁ、おうちへ帰る時間だ


寂しかったから泣いた
でもそれだけじゃない
目の前で待つ出発ゲートと友を前に
肩を震わせ泣く君の姿がたくさん語ってた

「上を向いて歩こう・・・」
あのフレーズが耳の奥で聞こえる
わかっちゃいるけど、ちょっと下を向いちゃだめかな
たまにはそんなときもあっていいでしょ

このときが必ず来ることは分かってて
何度も想像の映像が頭の中をよぎった
今その映像が目に映る景色とクロス
やっぱり、おうちには帰んなきゃね


空を見上げると太陽は西へと傾く
今頃夕日に染まる湖を見ている頃かな
どこまでも広がる大地が車窓を流れる
知らぬ間に緑の絨毯を敷き、夏を楽しんでるよ


久しぶりにおうちに帰る
ここを去る前となんも変わっちゃいない
「日出ずる国」からの使者が僕一人になったこと
変わったことといえばそれくらい

いや、変わったのはそれだけじゃなかった
近所のおばさんちが犬を飼い始めたのと
寂しいのは僕だけじゃないってこと
おばさんの目にも涙が浮かぶ


空を見上げると目の前には暗い天井
今頃南の大陸から北の大陸へと向かう頃かな
夜は更けて携帯には友からのメッセージ
みんなに寂しがられる君は幸せもんだよ


たくさんの人たちが同じような夜を経てきた
また会えるって分かってる
昔の人に聞かれたら笑われちゃうくらいの時間
でも寂しさは会えない時間の長さだけじゃ決まらないでしょ

今日はこの国のボスがやってきた
僕がこの町に来てからこれで二回目
カメラ小僧のように一目散に見に行かなかったのは
それが二回目だからってわけじゃないよ


空を見上げると二晩目の夜空はどんより曇る
今頃広い海の上をおうちの方に飛んでる頃かな
今晩は満天の星空を見上げたかったのに
雨季の空にそんな注文するのはわがままだね


せめて向こう側の空は晴れていますように
君が去る日に見た青空のように
「さようなら」と「おかえりなさい」の日には
できればすっきり晴れた空がいいよね

こんな文を君が見たら恥ずかしがって笑うでしょ
明日の僕も恥ずかしくなって笑うかも
でも書いてもいいでしょ
忘れたくない独り言だってあるんだし


2010年の終わりに

R0018157_convert_20101226003329.jpg

今年もあっという間に過ぎていきましたね。
歳を重ねる毎に一年の月日がより早く流れていくように感じられるのは、きっと僕だけじゃないと思います。
「2000年問題」からもう10年が経ちます。
世界が滅亡するのでは?と言われる2012年も目前に迫っています。
こんなペースで月日が流れていったら、世界滅亡まではあと2日くらいの猶予しか残されていないような感覚です。
とはいえ、「そのとき」は神のみぞ知るですから、もしかしたら2日もないかも!?(苦笑)
日々を大切に生きなければと思わされる今日この頃です。

ここボリビアは真夏のクリスマスを数日後に控え、町を彩るイルミネーションやクリスマスツリーがそこかしこに見受けられます。
僕の任地、パタカマヤのような小さな町でさえ、キラキラ光るクリスマスツリーをいくつか見ることができます。
去年は真夏のクリスマスに多少なりとも違和感を覚えましたが、2年目の今は自然に受け入れられるのもこちらの生活に慣れきった証拠でしょうか。

こちらのクリスマスの習慣を一つご紹介します。
ボリビアではクリスマスが迫ると、どこの商店にもテレビのCMにも Panetón(パネトン)というものが登場します。
↓これがそのパネトン(あまりおいしそうに写った写真じゃないですが・・・)
R0018135_convert_20101221013951.jpg
パネトンはもともとイタリア生まれの食べ物で、南米へのイタリア系移民と共に広まり、定着したそうです。
見た目はパウンドケーキのようですが、実際は中にドライフルーツが混じったパンです。
大手製菓会社が製造・販売するパネトンは美味しそうな見た目に騙されて買ってみると、生地はパサパサ、くずがポロポロと、残念な結果に終わることが多いのですが、今年はとある隊員が職場でプレゼントされたという手作りのパネトンをいただきました。
ボリビア風にキヌアで作ったパネトンでした。
食べてる途中、生地の中から髪の毛が1本出てきたところもボリビア風です(笑)
この髪の毛を何事もなかったかのようにすーっと抜き取り、その後も笑いながら美味しく食べ続けたのはこちらの生活に慣れきった証拠でしょうね。

さて、話は変わりますが、先日ラパス市内の奥地にある Chinchaya(チンチャヤ)という村落で、子どもたちと一緒にクリスマスのお祝いしてきました。
この村落は前述のとある隊員の紹介で去年も訪れた場所ですが、地域内に小さなカトリック教会があり、その地域を担当する神父さんや地元出身の若者のボランティアが子どもたちを集め、クリスマスに関するアクティビティーを行っています。

高層ビルが立ち並ぶラパスの中心部をどんどん離れ、次第に低所得者層の集住する標高の高い地域へと向かっていきます・・・
R0018139_convert_20101221014234.jpg
山間を抜けていくと、ラパスの中心部からそれ程遠く離れていない場所にものどかな風景が広がっています。
PC200007_convert_20101222010401.jpg
そこにポツンと建つ小さな礼拝堂。
R0018141_convert_20101221014500.jpg
ここに近所の子どもたちが集まって、クリスマスのお祝いをしています。
R0018144_convert_20101222011118.jpg
僕も日本語の「きよしこの夜」や折り紙を教えてきました。
PC200018_convert_20101222011424.jpg

去年も訪れたとはいえ久しぶりに見る日本人の姿に、人一倍人見知りな田舎の子どもたちは緊張気味に見えました。
しかし、その緊張も次第に解けていき、最後には覚えたての日本語で「ゲンキ?」と挨拶をしてきたり、向こうから自然に僕の手を握ってくるようになりました。

大学生の頃から、教会で日曜学校(子どもたちと一緒に聖書から学んだり、歌、図工、スポーツ、レクリエーション等、色々なアクティビティーをしたりする場)の先生をしてきました。
クリスマスのこの頃は、100人以上の子どもたちが集まり、みんなで一緒にクリスマス会をしたもんだなぁ・・・と、Chinchaya の子どもたちと過ごしている間、なつかしく思い出したりもしました。

日本でも、アメリカでも、ボリビアでも、そしておそらく僕の経験したことのない他の国のクリスマスであっても、光り輝くイルミネーションに彩られる町の中を歩けば、溢れんばかりに多くの商品が魅力的な謳い文句と共に私たちの手にとられるのを今か今かと待っています。
TVやラジオからは、思わず一緒に口ずさみたくなるメロディーを背景に、「クリスマスは~と共に幸せな時間を」というようなメッセージで消費者の購買欲を刺激します。
気づけば私たちの心は風船のようにフワフワと、あっちに行ったり、こっちに行ったり、クリスマスの心ときめく雰囲気の中を漂っていることがあるかもしれません。
「あれも欲しい・・・これも欲しい・・・」
世の中は、より多くを「得る」ことに一生懸命になっているのかもしれませんね。
その「世の中」に僕自身も含まれていることは言うまでもありません。

でも、やっぱりこの心ときめく幸せな雰囲気の中でこそ、「共有する」ことを忘れちゃいけないと思います。
Chinchaya の子どもたちと一緒に飲んだ一杯のホットチョコレートが、風船のような僕の心に大事なことを教えてくれた気がしました。
同じ風船であるならば、その紐の先にくくりつけて運ぶのは、自分のためにずっしりと買い込んだプレゼントよりも、小さくても誰かのために用意したプレゼントと、クリスマスの意味を伝えるメッセージでありたいものです。

皆さんも良いクリスマス、新年をお迎えください!
また2011年にブログ上でお会いしましょう。
PC200043_convert_20101222011925.jpg


ちなみに・・・
僕の大切な同期の一人であり、ネパールでアツく活動するM隊員に計算してもらったところ、このブログを書いている今日、2010年12月21日は僕が生まれてから一万日です!
二万日を迎えるのもあっという間かな?

La Paz para los Niños / 世界の子どもに平和を

IMG_0745_convert_20101123070312.jpg

11月20、21日の2日間、ラパス市内のとあるギャラリーで “La Paz para los Niños” と題した展示会を行った。
内容は、原爆パネルの展示と世界の子どもたちの写真の展示の二部構成。
日本と違い、週末になると町中が静かになるボリビアの首都ラパスで、約300人の方々に来場していただくことができた。

11月20日は「世界の子どもの日」(Universal Children’s Day)と国連によって制定されていることを知り、いつの時代も戦争やあらゆる類の暴力の犠牲になっている子どもたちのことを覚え、反戦と平和への思いを共有する機会を創出する目的で、この企画を立ち上げた。
足を運んでくださった一人ひとりの来場者とも、そして一緒にこのイベントを作り上げてきた他の協力隊員とも、平和への願いを一つにすることができた最高の展示会となった。

前日は、皆で原爆パネルや写真を貼り・・・
IMG_0477_convert_20101123070744.jpg

図面を見ながら慣れない準備の指揮をし・・・
IMG_0481_convert_20101123071111.jpg

無事準備も終わり、開催当日を迎えた。
IMG_0649_convert_20101123081647.jpg
IMG_1134_convert_20101123082123.jpg

訪れた人々の大半が、原爆のことを歴史上の出来事としては知っていた。
しかし、実際に何が起きたのか、写真や多くの情報に触れながら知るのは初めて。
子どもから大人まで老若男女を問わず、原爆パネルを通して伝わってくる凄惨さは人々の心を捉えたようだった。
P1010660_convert_20101123083119.jpg
IMG_0740_convert_20101123083617.jpg

原爆の恐ろしさをまざまざと伝えてくれた写真集。
IMG_0728_convert_20101123084114.jpg

広島と長崎に送るための千羽鶴を一緒に折った。
P1010399_convert_20101123085438.jpg

広島に落とされた Little Boy の実物大の絵を描き、その上に僕らの平和へのメッセージを貼ることで消していくというアクティビティーも行った。
IMG_1094_convert_20101123085912.jpg

世界中から集まった43の国・地域で撮影された400枚弱の写真も参加者の目を引いた。
隊員有志の中で選んだ30枚はキャプションを加えた形でパネルにし・・・
IMG_0864_convert_20101123212914.jpg
IMG_1096_convert_20101124031012.jpg

他の写真も編集を加え、スライドショーという形で全て来場者に見ていただいた。
IMG_0899_convert_20101123213634.jpg

皆と一緒にイベントを行うことができた幸せ・・・
R0031684_convert_20101123211826.jpg

実は、このようなイベントを最初に企画したのは今年の6月だった。
ボリビアに来て早々、とある折り紙団体の代表者(ボリビア人)と仲良くなったが、彼と一緒に原爆パネルの展示と折り紙のアクティビティーを交えたような展示会をしようと、毎週末ラパスに行った際に話し合いを重ねた。
彼は日本にも行ったことがあり、僕だけでなく他の協力隊員とも親しくしてきた。
何より彼や彼の団体のメンバーが作る折り紙作品は、芸術とも言えるほど精巧で美しいもので、日本人の僕らが彼らに折り紙を習うほどだった。

しかし残念なことに、このイベントは結局実現できなかった。
詳細は避けるが、彼や彼の団体の評判が良くないことを耳にし、準備が思うように進まなくなってしまったからだ。
自分が信頼している人からも、同じように信頼している彼のことをまるで犯罪者かのように悪く言われ、必要な助けを得ることができなかった。
それに何より辛かったのは、誰の話を信じていいのか僕自身分からなかったことだ。
彼のことは今でも信頼している。
しかし、結局約1ヵ月半注力し準備してきたことが、このときは辛さ、悔しさ、やるせなさが混じった涙と共に、パソコンの中のデータとして終わってしまった。

それだけに、数ヵ月後に今回の展示会開催を迎えることができた喜びは一入だった。

会場となった国立芸術学院で働き、場所の確保に努めてくれた隊員。
職場の同僚や友人と一緒に、広島や長崎に送るための鶴を折ってくれた隊員。
配属先の学校で平和について、原爆の恐ろしさについて、子どもたちに考える機会を与えてくれた隊員。
映像製作、コンピューター等の分野でプロとして働いてきた経験を、この企画のために惜しみなく捧げ、活かしてくれた隊員。
この企画の運営に必要な資金集めのために、大して余裕のない月の生活費からカンパをしてくれた隊員。
おいしい食事を作って労をねぎらってくれた隊員。
世界中からこの企画に賛同し、写真や励ましの言葉を送り、かけがえのない協力をしてくれた隊員、そして友人たち。
企画の成功のために必要な情報、資料を快く提供してくれた平和市長会議、広島平和記念資料館,広島市役所や長崎市役所の職員の方々。
「これは参考になるぞ」と、原爆に関する色々な写真集や絵本など関連書籍を選び、購入し、ボリビアまで送ってくれた父、そして常に応援してくれた母や妹。
そして、平和を守ることの大切さを教え、この企画を立ち上げようと思ったきっかけをくれた祖母。

たった2日間のイベントの裏に実に多くの方々の支えがあること、そしてその支えを自分が受けることができること。
そのことを思う度に感謝と喜びが湧いてくる。

幸運にも僕らは平和展というイベントをできる立場にいるが、世界には今この時もあらゆる類の暴力に苦しむ人々がたくさんいる。
平和を作っていく作業は、たった一度のイベントだけで終わるわけがない。
このイベントを通して皆の間で共有した平和への思いを、ボリビアでも、日本でも、はたまたこれから向かうかもしれない別の国でも、この世に生かされている限り常に心に燃やし続けていきたい。
そして、心に抱く思いを行動として現せる者でありたい。

平和という名のついた町から、今、平和への願いを送る。

「小さなハート」プロジェクトの始まり

皆様、ご無沙汰しています。
活動等色々なことに没頭していたら、いつの間にかブログを放置した状態でした・・・
一ヶ月以上更新がない場合に出てくるスポンサー広告もお目見えしてしまいました(苦笑)

忙しくしていた理由の一つが、タイトルにもある「小さなハート」プロジェクトの作成に時間を割いていたからです。
「小さなハート」とは何ぞや・・・ということですが、これは「社団法人 協力隊を育てる会」による制度で、現地の人々と協力隊員の願いを民間の支援につなげて資金的な援助を行うものです。
僕がもう一人の隊員と共に立案したプロジェクトでは、必要機材の購入のために予算として \200,000 を見積もっていますが、これは上記の「育てる会」を通じて日本国内でご賛同、ご援助いただける方々を募り、全て募金により賄われます。
以下、僕たちが企画したプロジェクトの概要を記します。
------------------------------------------------------------------------
【プロジェクト名】
「女性たちの栄養改善と経済的自立のためのベジタリアン・フード起業」

【概要】
ボリビア西方に位置するラパス県エル・アルト市で活動する当プロジェクト対象組合には、各地域から移住してきた貧困層の女性が参加している。家事・育児を担うだけでなく男性と同じかそれ以上に働くが非常に貧しい(ボリビアの最低賃金基準よりも低く約86ドル/月で一家を支える)。また夫からの暴力(DV)に苦しむ女性は組合全体の約5人に1人にものぼる。当プロジェクトでは対象組合の女性たちに対し、栄養改善と経済的自立を支援してきたNGOと協力し、有機農業による小さな家庭菜園の運営と、収穫した野菜を用いたベジタリアン・フードの加工・販売の支援を行う。女性たちやその家族の栄養改善を進めると共に、小規模な社会的起業を通じた経済的自立と、安全な栄養食品の提供を促進する。

【小さなハート HP】
http://www.sojocv.or.jp/heart/index.html

R0016478_convert_20101022091242.jpg
とある女性組合員の家庭菜園の前で、組合員の家族、NGO職員、共同申請者の隊員と共に。

CIMG4413_convert_20101022091612.jpg
ベジタリアンチョリソー(栽培した野菜を大豆の肉と混ぜ合わせ、合成腸皮に詰めています)
--------------------------------------------------------------------------

もし興味を持ってくださった方がいらっしゃれば、僕までメールをいただければと思います(このブログ上にあるメールフォームからでも構いません)。
プロジェクトの内容をより詳細に説明した企画書や補足資料をお送りさせていただきます。

たとえ「小さなハート」だとしても、たくさん集まれば「大きな変化」を起こせるかもしれません。
僕自身プロジェクトの今後にとても期待しています!
また皆様に吉報をお伝えできるよう、しっかりと活動していきたいと思います!!

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。