スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15 años (15歳)

久しぶりの更新です。
活動の方は来年度に向けてやるべきことが段々と具体的に見えてきてはいますが、ブログからちょっとご無沙汰していたのは別に活動が忙し過ぎたからではありません。
日本では「師走」ですが、こちらでは、少なくともパタカマヤの様子を見る限りは、走っている人は誰もいません・・・
いつもと変わらずゆ~ったりとしています。

更新が滞っていたのは、たぶん良くも悪くもこっちの生活に慣れてしまったからだと思います。
きっと数か月前なら新鮮に感じてブログに書くような出来事は最近でもいくつかあったと思います。
でも、慣れちゃったんでしょうね。
それもそうです・・・考えてみたら日本を離れてから今月末でもう半年経つんだなぁ。
4分の1が終わったと思うと早いような。
まだあと4分の3残ってると思うと長いような。

そんな最近の僕ですが、先日久々にシャッターを何度も切ってしまった新鮮な出来事があったので皆さんにもご紹介したいと思います。
いつも買い物をしている近所の商店があるのですが、そこの女主人の娘さんが15歳になったということで、その誕生パーティーに行ってきました。
ボリビアをはじめラテン社会では、15歳の誕生日は女の子にとって「大人への仲間入りの年」なんです。
全ての家庭がというわけではないようですが、金銭的に余裕のある家庭は盛大に誕生パーティーを開きます。
富裕層になるとアメリカはフロリダのディズニーランドに行くのが一種のステータスのようです。
「これ、どこで作れるの?」ってほど綺麗でしっかりした招待状を受け取ったのはパーティーの前日。
突然だったので選択肢のほとんどないパタカマヤのお店の中から何とかそれなりのプレゼントを選んで買い、スーツを着て会場に向かいました。
17時に開始と書いてあるので、「ボリビア時間+余裕をもって」19時半に会場に足を運びました。
が・・・音楽だけが大音響で流れる中、会場内には誰もいません・・・
PC040391_convert_20091209064040.jpg

「まぁ、しょうがない。ここはボリビアだ」と思い、一度家に帰り、21時にもう一度会場に向かいました。
到着するとちらほら招待客が席についています。
「まだ始まんないの??」とは思いつつも、友達も既に来ていたので隣に座りしばらく待つことに・・・
待つこと1時間・・・
結局パーティーが始まったのは22時!
驚異の5時間遅れ。
ボリビアに来てからの新記録です(苦笑)

何はともあれパーティーは始まりました。
本日の主役は入り口で招待客を出迎え、一人一人からプレゼントを受け取ります。
招待客は100人弱はいたんじゃないでしょうか。
あんなにたくさんのプレゼント、どうするんだろう・・・
パタカマヤの店で買って用意したものがほとんどだと考えると、ぬいぐるみとかオルゴールとか写真立てとか・・・
同じものばっかりじゃないかなぁとか要らん心配をしながらその様子を見ていました。
PC040395_convert_20091209065055.jpg

そして、招待客の出迎えが一段落したところで、早くも主役は衣装を替え、純白のドレスで入場してきました。
彼女のいとこ達が花びらを辺りに撒きながら先導します。
PC040422_convert_20091209065510.jpg

その先にはスーツをびしっと決めた彼が待っています。
結婚式ですか??って突っ込みたくなりました(笑)
PC040424_convert_20091209070300.jpg

幸せそうに彼と踊る彼女です。
PC040437_convert_20091209070703.jpg
後で聞いたら、彼は本当の彼氏ではなく「彼氏役」の男の子だったようです・・・


一連のセレモニーが終わると、その後は「お決まりの」ダンスタイムです。
招待客が主役の彼女を取り囲み、とにかく踊りまくります。
こういうとき、踊れない日本人は損ですね・・・
きっといつまで経っても踊りは終わらないし、一度誘われて輪の中に入ると帰れなくなると思った僕はお先に失礼しました。
翌日聞いたところ結局このパーティーは朝の5時まで続いたそうです。
「なんで途中で帰ったの!一緒に踊ってないじゃない!」とは言われましたが、心底早めに帰って良かったと思いました。

それにしてもこのパーティー、一体いくらかかっているんだろうと心配になるほど豪勢でした。
ラテン社会で娘を持つお父さん方は大変だなぁと思います。
ただ、こちらではこの15歳の誕生日だけでなく年中お祭りがあるので、その度に相当な額のお金が飛んでいきます。
例えば、僕も地元の方々と一緒に Morenada を踊った8月15日のパタカマヤ最大のお祭り。
このお祭りは毎年、年長者から順にある家族がその経費全てを負担するそうです。
マーチングバンドを雇うだけで約1,000ドルものお金がかかります。
一体どうやってそのお金を捻出しているんだろうと不思議で仕方がありません。
お金の使い方を見ていると、本当にこの人たちが「貧しい」と分類されるべきなのだろうかと思ったりもします。


仮に自分に将来娘ができたとしたら・・・
日本ではこんな盛大なパーティーを開かなくても済むことはありがたいですが、15歳の娘に相手にされない父親にはなりたくないです(苦笑)

賄賂

僕は皆さんと同じく不正は嫌いです。
でも、許して下さい。
僕、賄賂をあげてます・・・

賄賂とはこれ↓
R0011760_convert_20090911072207.jpg

五円玉です。

これがすごく喜ばれるんです!
ここボリビアは他のラテン諸国とおそらく同じで AMIGO社会(友達社会)です。
友達であれば無理を言っても聞いてもらえます。
逆にそうでなければ、完全に後回しにされてしまいます。
まだ任地に移動してから一カ月かそこらですが、今まで何度約束をすっぽかされたことか・・・
とにかくまずは早く「友達」を増やさなければと思わされています。

そこで利用しているのがこの賄賂。
つい最近までベネズエラで働いていた高校時代からの友人がいるんですが、
ボリビア渡航前に彼からもらったアドバイスが、この五円玉を持ち歩くことです。
世界的に見て穴の空いた硬貨というのは珍しく、
「ネックレスにもできるよ!」と言って渡してます。
さらに、日本語で「五円」と同じ発音で「ご縁」という単語があって、
これはスペイン語だと “Buena Relación”(良い関係)っていう意味なんだよっと教えてあげると、
もう相手はイチコロです(笑)
いつも渡した後は
“¡Que tengamos buena relación en adelante!”(これからも良い関係でいられますように!)
と言って締めくくります。

さらに、もう一つ。
上の写真の右側に見えるのは折り紙の小銭入れです。
これもボリビア人の関心をめちゃめちゃ引きます。
近所のお店や市場で買い物するときは、物珍しげにお店の人が僕の小銭入れを覗いてきます。
開くとこんな感じ↓
R0011765_convert_20090911075313.jpg

この小銭入れ、作り方は実はボリビア人に教わりました。
ラパスを拠点に活動している折り紙の団体があるのですが、
彼らが毎週日曜日にラパス市内の目抜き通り(歩行者天国)で折り紙のブースを出しており、
そこで友達になり作り方を教えてもらいました。
彼らが作る折り紙はもはや芸術です!
P7060108_convert_20090911072948.jpg

そして、ボリビア人の間で折り紙への関心は意外にもかなり高く、
特に子供たちはブースに群がって折り方を教わっていました。

僕も近々パタカマヤにある家の近所の学校で、週に一度「折り紙教室」を開こうと思っています。
ここパタカマヤでは学校は13:00までで終わりで、
午後になると子供たちは家の手伝いをしたり、遊んだり(ネットゲームに熱中する子が多いのはどこも同じです・・・)して過ごしているようです。
午後の過ごし方の1つのオプションとして、日本文化の一部を紹介できればいいなと思ったのが
この「折り紙教室」を開こうと思ったきっかけです。
折り紙だけでなく日本の歌とかも教えられたらいいなと思っています。

先日、学校を訪問したときに子供たちと一緒にサッカーをしたり、
カタカナで彼らの名前を書いてあげたらすごく喜んでいました。
(空港で出待ちのファンに囲まれサイン攻めに遭う有名人みたいな感じでした 笑)
日本がどこにあるのか知らない子供も勿論多く、
日本の話をしてあげるだけですごく楽しそうな表情を浮かべていたのが印象的です。
そういえば、僕も小さい頃は外国人のことをジロジロ見ていたなぁとか、
家に韓国人の方がホームステイに来た時はすごく彼らに興味があったなぁといったことを思い出しました。
「この校庭をどんどん掘っていったら、そこには Japón っていう国があるんだよ」ということを
パタカマヤの子供たちに少しでも知ってもらえたらいいなぁと思います。
R0011532_convert_20090911075100.jpg

こんな感じで、五円玉にしても小銭入れにしても、
周りの人の助けに支えられながら生きている今の僕です。
感謝!

自宅初公開

P8150211_convert_20090819052643.jpg

今日は皆さまを我が家へのバーチャルツアーへとご招待いたします。
ラパス到着後、まずはバスターミナルでオルーロ(Oruro)行きのバスチケットをご購入いただきます。
パタカマヤはオルーロへの道の途中にございますので、
くれぐれも気持ちよく眠り過ぎてお乗り過ごしのないようご注意ください。
ラパスのバスターミナルから約2時間のバスの旅、料金はBs.15( Bs.7 = US$ 1 )になります。
バスはパタカマヤの中心地、国道1号線沿いの決まった場所に停車いたします。
R0011256_convert_20090819053020.jpg

バスから降りていただいた後、オルーロ方面に少し歩いていただきますと、
左手角に黄緑色と青色の壁のお店が見えてまいります。
R0011259_convert_20090819053409.jpg

R0011260_convert_20090819053731.jpg

そこの角を左に折れていただき、コピー屋さん(こっちではコピーは基本委託、機械があっても自分でやらせてもらえない)やネットゲーム屋(ゲームだけでネットができない場合あり・・・小中学生の溜まり場)を横目に50メートル程直進していただくと、いよいよ我が城です。
R0011262_convert_20090819054011.jpg

太陽に照らされ白く輝く壁は姫路城か我が家かという程。う~ん、眩しい!(わけないです)
R0011264_convert_20090819054330.jpg

この重厚(そう)な扉を開いて・・・
R0011266_convert_20090819055114.jpg

ガレージを抜けていくと・・・
R0011267_convert_20090819060026.jpg

我が城の中庭です!
週末は洗濯の日なので場所の取り合いになります。
R0011269_convert_20090819062059.jpg

ちなみにトイレ、シャワーは共同です。
シャワーは例のごとくお湯が出ると言われていながら水しか出ないので現在修理依頼中。
朝は寒さで水道管が凍っているので、当面は夜のうちに溜めておいた水を電気ポットで沸かし、
そのお湯を使って顔を洗ったり、身体を拭いたりしています。

それではおまちかね、マイルームへとご招待いたします。
上の写真、左手前に見えますのがマイルームへと続く扉になります。

鍵を開けましてと・・・
R0011272_convert_20090819062632.jpg

こちらが台所です。ちなみに水道、シンクはなく、水は中庭まで取りに行っています。
R0011273_convert_20090819062916.jpg

ボリビアでは、このようなガスボンベを商店やガス売り車(ときどき町中を回っている)から購入し使用します。
R0011274_convert_20090819063345.jpg

さぁ、それではいよいよマイルームです。
これまで長旅お疲れ様でございました。
こちらでごゆっくりおくつろぎください。
オープン!
R0011278_convert_20090819063621_convert_20090819065907.jpg

R0011279_convert_20090819063952.jpg

入居日にはベッドと机、椅子しかありませんでしたが、カーテン代わりにテーブルクロスを使い、
そしてハンガーや電気スタンド、絨毯を市場で購入し、やっと部屋らしくなってきました。
絨毯を敷くにあたって中学生以来の雑巾がけダッシュをし床もきれいに磨いております(笑)
R0011249_convert_20090819064257.jpg

ここから先は土足禁止ゾーンです。
R0011289_convert_20090819064618.jpg

絨毯に座りながら弾くギターは格別です。
R0011290_convert_20090819064917_convert_20090819065408.jpg

凍える夜はリャマと一緒に寝ています。
ベッドの上にぬいぐるみが見えると思いますが、決してあれを抱きながら寝ているわけではありません。
あくまで活動に必要な道具なので誤解のないように(笑)
R0011252_convert_20090819065229.jpg


いかがだったでしょうか?
パタカマヤに来たくなったでしょ?(笑)
日本のように快適とは言えませんが、アルティプラーノ(アンデス山脈沿いに広がる平原)の
強い日差しの中を歩き、疲れた体を癒すには十分な環境が整っています。
皆さんもボリビアにお越しの際には、ぜひ我が家へお越しください。
あつ~いお茶を淹れてお待ちしております。

¡Mi casa es su casa!(我が家はあなたの家)
R0011327_convert_20090819065717.jpg

¡Fiesta!

P8150216_convert_20090818042846.jpg

8月15日はPatacamaya 最大のお祭りの日だ。
“Fiesta Patronal de la Virgen de Asunción” という名のお祭りで、
この町の守護聖母であるVirgen de Asunciónを祀る儀式が行われる。
そして、いつものことながら前後数日も町はお祭りムード(というかお祭り)で
8月14-18日まで、パレードやバンド演奏等様々なイベントが企画されている。
お祭りのメインは、とにかく歌、踊り、そして半端ない量のお酒である。
僕らは地元の若者グループに混ぜてもらい、
14日と15日の2日連続で町の中心をMorenadaという踊りを踊りながら練り歩いた。
ボリビアは実に多様性に富んだ国で、それは地形や気候、人種だけでなく、
文化についても顕著に表れる。踊りの種類も本当に数多くあり、各地方に特有の踊りがある。
Morenadaはラパス地方の踊りで、China, Cholita, Achachi という3つのパートで1つのグループを作って踊る。
Chinaは女性の花形的な役割で、ミニスカートとハイヒールのブーツを履いて踊る。
Cholitaはご存知ボリビアの顔。カラフルな衣装を身にまとい、
手にはガラガラと音を出しながらクルクル回るぜんまい仕掛けの飾り道具を持っている。
P8150236_convert_20090818043216.jpg

そして、最後のAchachiは男性のパート。この衣装、めちゃめちゃ重いんです・・・
約3、4時間踊り続ける中で冗談抜きで何度か死ぬかと思った。
(この写真では僕はもう踊れてません 笑)
手にはchicote(鞭という意味)という名の飾り棒を持ちこれを振りながら踊る。
踊った後は腕が上がらなかった・・・
P8150228_convert_20090818043601.jpg

このMorenadaには歴史的意味が含まれており、Achachiはスペイン人の入植者を表しているそうだ。
手に持っているchicoteは彼らがインディオを酷使した際に使った鞭を表しており、
このchicoteには悪魔のような顔が描かれている場合もあるのだが、
これはまさにスペイン人を象ったものである。
そして、Achachiの踊りは右に左にズシンズシンとステップを踏むのだが、
これは過労でヘトヘトになりながらも働かされ続けたインディオの様子を表しているそうだ。
そして、Chinaはこのスペイン人の現地妻ということらしい(中国とは関係なし)。
あのミニスカートは彼らを誘惑している様子を表しているそうだ・・・
踊り一つとっても奥深いボリビアの文化を感じる。


14日はEntradaといって、「これからお祭りが始まるよー!」という挨拶代わりに、
多くのグループが派手な衣装を身にまとい午後から夜まで町を踊り歩く。
そして、15日のお祭り当日は衣装を変えて午前中から踊りが始まる。
この日、男性陣はAchachiの衣装ではなく、スーツ、ネクタイ、帽子にサングラスで
エレガントに決めて踊った!
P8150244_convert_20090818044013.jpg

前日は踊りを楽しむ余裕は全くなかったが、この日は身軽で本当に楽しかった!
外国人がMorenadaを踊ることは、Patacamayaのような小さな町では本当に珍しいことなので、
踊っている最中には数え切れないくらい “¡Chino!” “¡Chinito!” と呼ばれ、
人によってはビール瓶をもって挨拶代わりにわざわざ僕に飲ませにきた。
この「中国人」という呼び名、好奇の目で呼ばれるとあまり良い気分はしないのだが、
決して悪い意味を持っているわけでもなく、単純に彼らにとってアジア人が珍しいので、
中国人でも韓国人でも日本人でもこう呼ばれるのだ。
実際に彼らのほとんどは、中国人、韓国人、日本人がお互いに通じ合えると思っているらしく、
「日本人は中国語を理解できない」と言うと驚く。
身軽になった2日目は、“Chino”と呼ばれる度に “¡No, yo soy japonés!” と言いながら踊った(笑)
いずれにせよ、この町に僕ら協力隊がいることを知らせるためには良い機会であったことは間違いない。

僕らのグループには協力隊2名に加え、ドイツから教会関係のボランティアとして
英語を教えに来ているドイツ人の女の子もいて、国際色豊かなチームだった。
その名も “Amigos Por Siempre!”(一生友達!)
踊りの後にはみんなで輪になり、スペイン語、日本語、ドイツ語、アイマラ語で、
このフレーズを声を合わせて叫んだ。
Patacamayaに来て2週間程だが、こうして現地の人々に混じって楽しむことができ本当に感謝だ!
P8150243_convert_20090818044400.jpg

オールナイトボリビア!

どうもー、こんばんは!
「オールナイトボリビア!」の時間がやってまいりました。
今夜もおなじみ私、TAKUが皆様にボリビアの情報をお届けいたします。
えー、早いもんでもう8月に入りましてねー、
最近はパタカマヤも「風の季節」ということで、外はびゅんびゅん砂嵐、
中は断水と停電の危険ありって感じで住みにくさに拍車がかかってますねー。
でも、この「風の季節」を我慢すれば、「もーうすぐ はーる ですねー♪」ってことで
「アメニモマケズ カゼニモマケズ ツメタイシャワーニモマケズ」の精神でがんばっていきたいと思います。

さっ、私のどうでもいいフリートークはこれくらいにしておいて・・・

今日は何と!リスナーから初めての投稿をいただきましたのでご紹介したいと思います。
ボリビアはサンタクルス在住、日本のラテンは大阪出身のHさんから
「ボリビア式誕生日会レポート」が届いています。
Hさん、投稿ありがとうございまーす!
ちなみにHさんはKTC(駒ヶ根訓練所)時代から私と苦楽を共にし、同じ釜の飯を食った仲で、
講義中はFさんを挟んで二人で爆睡してましたが、まーHさんの睡眠欲にはかないません(笑)
Hさんは本当によく寝てたので「眠り病」疑惑もあったくらいですからね。
いつも笑いを提供してくれた優しい姉さんのような存在です。
ということで、早速ご紹介いたしましょう。どーぞ!


『たくちゃん元気かね?パタカマヤの寒さと「なんもなさ」はどう?大丈夫かなー。へばってない?
あ、5日誕生日やったんよね?おめでとう!!お祝いしてもらった??
ここからではなんもできませんが、とりあえずこの回線に私の祝意も一緒に乗せて送っときます♪

 誕生日といえば、先日サンタクルス隊員○○さんのホストマザーのお誕生日会に誘ってもらい、行ってきました!これがまあ、すごかった。おもろい写真が撮れたから送ります。なにがすごいって、まず午後8時開始と聞いて8:30に行ったら、50人くらい来るはずのお客さんがまだ5人ばかり。これくらいはまあボリビア時間かと想定内。9時頃からなんとなく始まったけど、始まったと言っても日本の宴会みたいにずんずん料理が出てくるわけではもちろんなく、初めはコーラだけ。料理が出てきたのが10:30くらい。こないだの結婚式に比べたらずいぶんましな料理が出てきてちょっと感動!お酒はやっぱり充分に用意されてて、冷蔵庫はもちろん、台所に大きな樽みたいな容器が置かれてて、その中も全部ビール。まあでも、それよりも何よりも大事なのは、とにかく音楽!musica!なん。

 大きなデッキにCD数百枚、特大スピーカーにカラオケ機器が運び込まれてて、そして操作係のおっちゃんと少年まで・・・これ一式レンタル?!よくわかりません。それからは、ずっと大音量でラテンのノリノリ音楽が流れっぱなし。どれくらい大音量かと言うと、すぐ隣の人と話すのにも顔を近付けて大声を張り上げなあかんくらい。はっきり言って疲れる。でもみんなは平気みたい。そしてもちろんダンスダンスダンス。主役がおばちゃんだからか客層もおばちゃんがメインなんやけど、みんな踊る踊る。ダンスホールは扉を開け放してイスを周囲に並べただけのガレージ。「座って見てます」なんて主張しても許されるわけもなく、踊りの輪に強制参加。「踊り方わからない」なんて言おうものなら「こうやって踊るのよ!」と、やけに妖しい腰付きのダンスを披露してくれた・・・これももちろんおばちゃん。踊りながらみんなにビールを飲ませていくおばちゃんもいて、これももちろん断れません。下戸でいつもなら絶対に飲まない私も、「少しだけだから!」と飲まされてしまった。大阪じゃなくても、世界中どこへ行ってもやっぱりおばちゃんてすごいわ。。。

 音楽にダンス、お酒まで揃って楽しいムードも最高潮になったところで、今度はなんと生バンド登場。時刻すでに午後11時・・・7~8人編成のバンドで、ギターにチャランゴ、トランペットにその他名前のわからない楽器まで。歌がめっちゃよかったんやけど、歌詞がわからなくて一緒に歌えなくて残念やったなー。KTCの朝の歌もあったよ。みんな歌って踊って、どんちゃん騒ぎは延々と続く・・・私は12時すぎに失礼したけど、みんなきっと朝まで踊ってたんやろなあ。なんせ、12時近くにやって来てたお客さんもいたからね。

 もちろんこんな大騒ぎ、近所中に筒抜けやと思うけど文句言ってくる人は誰もいない。みんなお互い様なのかな。こないだも、寝てたらいきなり大音量でマーチングバンドの演奏が聞こえてきてびっくり!だって夜の11:30やで。向かいが公園やから、今日の独立記念日のパレードの練習でもしてたのかな。翌日も平日だというのに・・・みんなこんなで寝れるのか?!よほど寛容なのか無神経なのかどっちかやわ!と怒っていた私も、いつの間にかまた眠ってました・・・こうしてサンタクルスの夜は更けていく・・・』


いやー、私もボリビア式に誕生日を祝ってほしいと思っていましたが、
はっきり言って疲れそうですねー(苦笑)
そして、おばちゃんパワーは万国共通!
前に「おばちゃんは男でも女でもない・・・おばちゃんはおばちゃんだ」って誰かが言ってましたが、
まさにそんな感じですねー。

ということで、今夜もお別れの時間がやってきてしまいました。
これからもボリビアの新鮮な情報をお届けしていきますので、
リスナーの皆さん、面白い話があればドシドシ投稿してください。
それでは Hasta lueguito!

CIMG2069_convert_20090809064225.jpg
CIMG2084_convert_20090809064516.jpg



プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。