スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな大きな訪問客

R0014956_convert_20100505210840.jpg

ある日の晩のこと。
いつものように19時には夕飯を済ませた。
ボリビア人にとっては19時って早いみたいで、まだまだ活気のない近所の食堂では、夕飯を頼むとファーストフードのようにすぐに配膳される。
最初にスープ、その後にメインプレート、そして最後に一杯のジュース。
これがここパタカマヤではお決まりのメニューで、全部で Bs 7 程。
100円玉一枚で買える夕飯の味はすっかり僕の舌に馴染んでる。

食堂を後にし、いつものように行きつけのネット屋に立ち寄る。
甘い物好きの僕はどうしても食後に何かデザートを食べたくなるけど、ネットも言ってみればデザートみたいなもんかな。
食後にこれがないと何か締まらないみたいな・・・
日本にいたときに読んだボランティア要請書には、「インターネット不可」って書かれてたけど、実際は町にネット屋があったから本当に助かる。
協力隊の中にはネット環境が全くない人だっているわけだし。
このネット屋の店主夫妻はパタカマヤでは珍しく腰が低く、接客態度もすごくいい。
「私たち、ずっと働きづめで外に出ないからご近所さんからは変わり者って思われているの。だからあなたたち日本人とこうやっておしゃべりできるのが嬉しいのよ」と話す彼らは、ここパタカマヤで働くもう一人の先輩隊員の大家でもある。
「最近急に冷え込んできたわねぇ。もうすぐあなたが来て1年くらい経つんじゃない?もう帰る日までの日数を数えてんでしょ」なんてお会計の時に立ち話をしながら、食後のデザートも楽しんだ僕は、家までの道のりを歩き出した。

「うぅ、寒っ・・・」と一人呟き、顔を下に向け歩いていると「TAKU!」と僕の名を呼ぶ声が聞こえる。
目を上げると、そこには今日の午前中折り紙教室のために訪問した学校の生徒が立っていた。
ジャンパーのフードを被りながら、こちらを笑顔で見てくる。
「今さっき先生の部屋の窓を何度か叩いてきたところだよ。」

近所の学校を回り、毎週折り紙教室や衛生教育のクラスを開いたり、手洗い励行のCMも地元のチャンネルを通じて放送してもらったりしてるから、地元の子供にはすっかり顔と名前を覚えられている。
おまけに、良いか悪いかは別として、住んでいる場所まで知ってる子も少なくない・・・
Esteban というパタカマヤ新市長と同じ名前を持つ7年生(日本の中一)の彼もそのうちの一人。
折り紙がすごく気に入ったみたいで、わざわざ家まで教わりに来たそうだ。
しかも昨日の晩もうちの窓を叩いてたみたい・・・僕はあいにく食事中だったよ。

Estebanの学校は生徒数も少ないので、いつも授業は午前中だけ。
そこで僕は毎週火曜日の午前中全てを使って、6,7,8年生に折り紙や日本について教えてる。
ただ・・・生徒数が少ないだけじゃなくて、まず先生の数が全然足りてないんだな。この学校は。
おかげで一クラス約80分、一人で30人弱を相手に奮闘しなきゃならん。
初めは良かったんだ。日本人っていうエイリアンみたいな人が来て授業をする。
みんな警戒心を持ちながらも新鮮なアクティビティーや話題に触れられて楽しそうだった。
でもね、少し時が経つといくらエイリアンでも慣れちゃうんだよねぇ・・・
TAKU先生の言うこともなかなか聞かなくなってきた。
「これ、日本だったらみんな多動性何たらって認定されるぞ」なんて冗談半分思ったけど、この学校には先生が足りてないから、僕が去ったら下手するとその後の授業は全部自習・・・つまり好きなことをする時間になっちゃってる現状を見ると、「そりゃそうなるわ」って思ったりもして。
先生でもない僕が一人で授業を持つってこと自体が難しいことは承知の上。
しかもスペイン語でってなったら、そんな上手くいくわけはないよね。
それでも、あまりに子供たちがうるさくて好き勝手にやるもんだから、段々Estebanの学校に行きたくなくなってきたところだった。
そう、彼が僕に道で声をかけてきたのはそんな時だったんだ。

「折り紙教えてよ」ってEstebanは言った。
ある特定の子供を自宅に入れるってどうなの?って心の中でちょっと思ったけど、わざわざ夜遅くにうちの方まで来てくれた訪問客をあしらう訳にもいかず、一緒に家まで帰って部屋に招待したよ。
家の中に入っても相変わらずジャンパーのフードは被ったまま・・・いつかの自分みたい。
足元を見ると、こんな寒いのに靴下も履かずにサンダルを履いてる・・・いつかの友達みたい(笑)
お湯を沸かしている間に、Estebanは僕が日本の100円ショップで買ってきた折り紙の本を読んでる。
いつも食べてる夕飯と同じ価格の本だけど、僕を毎週助けてくれてる大事な教科書だ。
二人でお茶を飲みながら、Estebanが選んだ「はばたくことり」と「ヨット」を作ったよ。
手を動かしながらEstebanは色々話してくれた。
彼は転校生だってこと、弟とすごく仲が良いってこと、折り紙がすごく気に入ったみたいで、家でもお母さんに僕とそのクラスの話をしていること・・・
「はばたくことり」はその名の通り本当にはばたいた。
「ヨット」はすごくかっこよく出来上がって、膨らんだ帆は風を受けているみたいだった。
美化された話って僕は嫌いだけど、この話は読んでる人には美化された話に聞こえるだろうけど、出来上がった作品を嬉しそうに見つめるEstebanの笑顔が、そのときの僕にはキラッキラッ輝いて見えたんだよね。

R0014957_convert_20100505211227.jpg

また彼の学校、彼のクラスに行こうかって思った。


僕がニューヨークに留学していたとき、ちょうど日本に帰国する数日前、マンハッタンにある日本人経営のとあるホステルに泊まってた。
そこにうちのお母さんくらいの歳のおばさん・・いや女性も泊まってて、リビングでちょっと話す機会があったんだ。
その人は中学校の先生だったんだけど、生徒の態度が悪く授業が上手くいかないらしく、僕みたいなペーペーに愚痴をこぼしてた。
「私のやってることって意味あるのかしら?って時々思ったりもするんですよ」って。
僕がペーペーだったから愚痴をこぼしたのかも。
その先生に対し、自分の中学時代を振り返りながら、ぺーぺーはこんな風に答えた。

「僕も自分の中学時代を思い出すと嫌になります。僕のクラスには学年一のワルがいて、しかも席順は出席名簿順で運悪く彼はいつも僕の前の席だったんです・・・授業妨害なんて日常茶飯事でしたし、最悪のケースに至っては、彼は女の先生の顔を殴ってその先生は流血までしちゃったんです。ワルって言われるやつは勿論他にもいて、とても落ち着いて授業に集中できる環境ではなかったです。でも、中にはちゃんと勉強したいって思ってる人も少なくなかったんです。僕とか(笑)。たとえ一握りでも、その少数の生徒のためにしっかり授業をしてくれた先生には今でも感謝してますし、先生にはそうであってほしいなって思います。生意気なこと言ってすみません・・・」

2回目になるけど、美化された話って僕は嫌いで、この話は読んでる人には美化された話に聞こえるだろうし、しかも自分で自分のことを美化しているみたいでめっちゃかっこ悪いけど、あの日ホステルで出会った女性の先生に、勿論内容は少し違うかもしれないけど、僕はこんな生意気でクサいこと言ったんだよね。
そして、そのことを今でも覚えてるし、Estebanと部屋で折り紙を折った夜、鮮明に思い出されたってわけ。


小さな大きな訪問客。
その手には千代紙で折った「はばたくことり」と「ヨット」。
気をつけて帰ってね。
スポンサーサイト

Comment

2010.05.06 Thu 22:35  |  

久しぶりに来てみました。元気そうですね!私は、アメリカででも経験したことがなかったホームシック(関東への)に初めてかかってしまいましたよ。でも、家族ともども元気です。

私も学校の先生だったんだよねえ、と遠い目をしながら読んでしまいました。そういえば教会学校の先生を何年もしていたんだよねぇ、と、もっと遠い目をしてしまいました。「先生」が天職だとは思えないながらも、またピアノの先生になろうとしています。一体どういうことなんでしょうね。いつかわかる時がきたらいいなと思います。

Taku先生、機会があったら私達にも折り紙教えてね。

  • #-
  • nutella
  • URL

2010.05.06 Thu 22:55  |  ごぶさたしてます。

タク君、私はこの文章読んで単純に感動しました。それは・美化・された事・ではないからこそと思いました(^^)きっとEsteban君は青年に
なってもタク君とのひと時を忘れないと思います。私がそうでしたから。
授業に関係ない話しを、そうですね・・ある詩について短く話して
下さったその先生のお話しを、まだ忘れていません。そしてその内容は
勉強の点数には関係なかったけれど人生の路を歩く中では何度も
思い出して励まされたりしています。
私も「遁走」(^^;する生徒でしたが思いがけない事が後の力になったり
しています。タク先生、タク君らしく奮闘される事を心より願っています。

  • #-
  • kiiko
  • URL

2010.05.17 Mon 09:16  |  

nutellaさん

赤ちゃん元気ですか??
関東へのホームシックですか・・・
確かに外国に引っ越すより日本国内で引っ越す方がホームシックにはなるかもしれませんね。外国だと違いが大きいので新鮮ですし。
新天地でピアノの先生としてnutellaさんのタラントが益々生かされるといいですね!
また日本で(関東で?)お会いできるのを楽しみにしてます。

kiikoさん

嬉しいコメントありがとうございます!
そう言っていただけると自分のやってることにも意味があるのかなと励まされます。
Estebanは相変わらず頻繁にうちにやってきて窓を叩いてきます(笑)
本当に小さなことしかできませんが、物事の大きさではなく深さを大事に、これからもがんばっていきますね。
kiikoさんの日本での生活の上にも神様の守りがありますように!



  • #-
  • TAKU
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://taku0805.blog85.fc2.com/tb.php/53-85b0c0ee
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。