スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボ焼け、総会、そして旅行

しばらくパタカマヤを留守にしておりました。
年に二度開催されるボランティア総会に出席するために、先月末はボリビア第二の都市サンタクルスに行っており、その後もせっかくの機会なのでボリビアの東方を旅行していました。
大分間が空きましたが、今まであったことをばーっと書いていきたいと思います。

① エボ焼け
PA210356_convert_20091104074823.jpg

10月20日、ボリビア現大統領のエボ・モラレスが何と我が町パタカマヤにやってきました!
12月6日に控えた大統領選挙を前に有権者へのアピールのためにやってきたのですが、訪問が決まったのが突然のことで、その日の予定は全てキャンセルで市役所の職員は総出で前日から準備で大忙しでした。
僕のカウンターパートは夜を徹しボリビアの国旗、そしてエボの政党であるMAS党の旗(青、白、黒の3色から成る)を町中に取り付けていたようで、当日 “¿Cómo estás?(調子はどう?)と聞いたところ “Mal….”(最悪)という返事が返ってきました・・・
基本的に本音はともかくみんな “Bien” と答えるのが常なので、彼は本当に疲れてたんだなぁと思います(苦笑)。

さて、「エボ焼け」というのは僕の日焼けのことです。
この日、エボは午前10時に来る予定とのことで、僕は9時半頃から地元住民の行進の列に加わりながら、彼の到着を今か今かと待っていました。
これは行進の中にいたチョリータに扮した男性と撮った写真です(笑)
PA210337_convert_20091104075257.jpg

しかし・・・結局エボが到着したのは予定より大幅に遅れて午後1時。
「もうすぐ来るよ」という皆の話を信じ、帽子もかぶらず、日焼け止めも塗らず、炎天下の中3時間近く待った僕の顔は見事にサングラス焼けし、まさに「逆パンダ」状態でした。
僕はこれを「エボ焼け」と呼んでいます・・・

PA210334_convert_20091104075650.jpg
↑エボ君のマスコット・・・ちょっとかわいくしすぎでしょ(笑)


② 総会

冒頭に書いたとおり、ボリビアの東に位置するサンタクルスにてボランティア総会が開催されたので行ってきました。
同期とも3カ月ぶりの再会!
みんなそれぞれの地で悩みを抱えながらもがんばっている姿を伺うことができて本当に良かったです。
総会後の懇親会では、余興として同期と一緒に「島唄」を演奏しました。
P1050865_convert_20091104080806.jpg

サンタクルスは標高約400mで亜熱帯地域に属し、気温は35度前後、湿度も80-90%と非常に暑い場所でした。
パタカマヤではジャンバーを含めて3,4枚着込むことが当たり前の僕も半袖1枚で過ごすことができ、何となく東南アジアの雰囲気を彷彿とさせるサンタクルスで久しぶりに開放感を感じました。


③ 旅行

せっかく東に行く機会ができたのに、総会だけ出席して西に帰るのでは勿体ない。
とういことで、職場から休暇をもらい旅行に行ってきました!
今回訪れた場所は、戦後沖縄からの移民が開拓したオキナワ入植地(Colonia Okinawa)、チェ・ゲバラにゆかりがあるバジェグランデ(Vallegrande)、イゲラ村(La Higuera)、そして同期の任地であるサマイパタ(Samaipata)とコチャバンバ(Cochabamba)です。

まず、オキナワ入植地ですが、ここはサンタクルスから車で2時間の距離にある場所で同期(体育隊員)の任地でもあります。
いつかは忘れましたが、日本にいたときにあるテレビ番組を通してこの場所について知り、日本の沖縄以外に「オキナワ」という名の付く場所があるんだぁと驚き、いつか行ってみたいなぁと思っていた場所です。
1954年に初めての移民団が到着し、ジャングルを斧一本で開拓し、過酷な環境や現地特有の病気等の困難を乗り越え、今ではボリビア有数の優良農地として高い評価を得ています。
まだ入植が開始されてから55年しか経っていないこともあり、ここでは一世、二世、三世が皆日本語を話し、美味しい日本食(沖縄の食事がメイン)もいただけます。
ボリビアにいながら日本にいるような不思議な錯覚に陥る場所です。
(参考HP:http://www.fenaboja.com/Okinawa/okinawa.htm)

ちなみに、ゲートボールを楽しむ以下写真中のおじぃ、おばぁは1954年の第一次移民団で入植された方々だと聞きました。背中から歴史を感じます。
R0012303_convert_20091104081338.jpg

オキナワ滞在中は、この地で30年もの間、日系人教会の牧師を務めていらっしゃるO先生と、協力牧師として働いていらっしゃるK宣教師ご一家(写真参照)のお宅に泊めていただきました。ありがとうございました!
R0012288_convert_20091104081937.jpg

続いて、バジェグランデとイゲラ村です。
バジェグランデまではサンタクルスからバスで約6時間、イゲラ村まではバジェグランデからさらにタクシーで2,3時間山道を走る必要があります。
キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラは南米の中心に位置するボリビアを拠点に革命を南米全土に広め、アメリカ帝国主義に真っ向から対抗していこうとしました。
しかし、1967年10月8日、チューロ渓谷でCIAの訓練を受けたボリビア軍に捕えられ、近くに位置するイゲラ村にて仲間のゲリラ兵と共に処刑されます。
その後30年もの間、チェと仲間のゲリラ兵たちはバジェグランデの地中に埋められていました。
(チェ・ゲバラについてはウィキで要チェック↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%90%E3%83%A9)

R0012485_convert_20091104082724.jpg
チェ・ゲバラについては賛否両論あると思いますが、僕は「モーターサイクル・ダイアリーズ」という映画を見て、そしてその後彼の手記を読み、彼が何故あのような革命戦士になったのかという背景を知ることができ、それから非常に興味を持つようになりました。
Tシャツやポスター等に彼の顔のデザインはよく用いられていますが、彼をただのイケメンとして捉えるだけでは不十分過ぎるでしょう。
日本を発つ前に見た「チェ39歳―別れの手紙」の中にも出てきたチューロ渓谷に自分の足で立ち、42年前にこの場所でチェが彼の思想、手法で「不正」と戦っていたことを思うと何とも言えない静かな感動に包まれました。
R0012523_convert_20091104083110.jpg

続いてサマイパタ。
サンタクルスから乗り合いタクシーで約3時間、標高1,650mにあり「ボリビアの軽井沢」のような避暑地です。
ドイツ、オランダ、イタリア、アメリカからの移住者も多い町です。
この地でも同期(体育隊員で我がボリビア隊のリーダー)が活動しており、またボリビアで通算27年間花卉栽培をされている「サマイパタの父」のような日本人の方もいらっしゃり、日本食と五右衛門風呂でもてなしていただきました。
そして、ここサマイパタには世界遺産に登録されているプレ・インカ遺跡、”El Fuerte” もあります。
世界遺産でありながら、まだ発掘途中のため観光客もまばらで穴場です!
R0012642_convert_20091104084544.jpg

最後の訪問地はボリビアのほぼ中心に位置する第三の都市コチャバンバです。
標高約2,500m、気候も穏やかなきれいな町で、ボリビア人の間でも日本人の間でも非常に人気があります。
ここでも同期(助産師)が活動しており、彼女のホストファミリーにも本当によくしていただきました。感謝!
コチャバンバには世界で一番大きいキリスト像(台座部分を合わせて約40m)があります。
R0012659_convert_20091104084903.jpg

また、コチャバンバは「大食いの町」としても有名で、人によっては一日に6回も食事をするそうです・・・
以下の写真はコチャバンバの代表的な料理ですが半端ない量です。
R0012656_convert_20091104085513.jpg


何だか長々と書いてしまい、読んでいる人にとっては少し退屈だったろうなぁと反省です・・・
ボリビアは気候、地形だけでなく、民族、文化、言語等、あらゆる点で実に多様性に富んだ国で、国内なのに海外旅行をしているような気分になります。
読者の皆さんにもそのことが少しでも伝われば良いなぁと思います。

最後に、今回訪問させてもらったそれぞれの場所で現在活動している同期のみんな、本当にお世話になりました!
これからもお互い良い意味で刺激し合い、励まし合い、僕ら一人一人にしかできない活動を作り上げていこう!
スポンサーサイト

Comment

2009.11.04 Wed 08:31  |  

久しぶりの更新やねーって人のこと、言えないけど。
元気そうにみえます、写真から。
何よりです!

旅行、いいねー!

  • #-
  • aiko
  • URL

2009.11.04 Wed 12:12  |  

ボリビアの体育でリーダーってどっちやっけ??
ヤンキーみたいな方か、写真で三線持っているノゾか…

標高400mのところもあるねんな♪
広いなぁ、ボリビアは。

なぜそこでw杯南米予選をしないのか(笑)

  • #-
  • まちるだ
  • URL

2009.11.04 Wed 20:05  |  

aiko

aiko も更新したの1カ月ぶりでしょ?笑
きっとブログに時間使えないほど充実した日々を送ってるんだろうなぁって思ってました。
寂しがり屋の僕はメールとブログのチェックが結構楽しみです。。。
アフリカにも旅行行きたい!

まちるだ

ヤンキーなんて言うたらしばかれるで~
実は(っていう言い方も変だけど)すご~く女の子らしい女の子なんだから、うちのリーダーは!

おそらくラパス以外で南米予選を戦ったらボリビアは1勝もできないでし
ょう・・・笑


2009.11.16 Mon 21:26  |  いいな!

のぞみとたくやくんのライブにまざりたい!

ききたい!

うらやましすぎるー!

いま学校の休みを利用して高校生に合唱指導してるよ!

クリスマス時期に教会をまわりま~す!

たくやくんがいてくれたらいいのに♪ってほんとおもうよ!

  • #amXlFcx2
  • ふみ
  • URL
  • Edit

2009.11.17 Tue 18:37  |  

fumi ちゃん

高校生に合唱指導ってめっちゃいいじゃん!
僕も指導してほしいです、先生(笑)
な~んかもうすぐクリスマスなんて信じられない・・・
みんなで楽しく歌ってきてね!
そういや中学校の音楽の先生が、「私は"音学"じゃなく"音楽"を教えに来た」って言ってたなぁ。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://taku0805.blog85.fc2.com/tb.php/40-0ebef9a4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。