スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業中

--------------------------------------------------------------------------
とある日の午後


カタカタカタ・・・
(ふぅ~、何でこんなに問い合わせばっか来るの?全然減らないし・・・)

カタカタカタ・・・
(そろそろスタバでコーヒーでも買ってこようかなぁ)

カタカタカタ・・・
(あ、今日も○○さん、暇そうにキョロキョロしてるわぁ。メール転送したい・・・)

カタカタカタ・・・


上司:「松岡!ちょっと」
(うわぁ~、よりによって今かよ)

僕:「は、はい!」

上司:「ちょっと手伝ってほしいことがあるんだけどな」
(げげ、嫌な予感・・・)

僕:「何でしょうか?」

上司:「この資料、訳してもらえるか?」
(きたー、やっぱりこうなると思ったわ)

僕:「はぁ・・・けっこうな枚数ですね。ちなみにいつまでにやれば良いでしょうか?」

上司:「明日の朝までにできるか?」
(ハイ、無茶ぶり来ました・・・)

僕:「明日までですか!?正直なところ今日は問い合わせの対応だけでも
   まだまだかかりそうで、翻訳作業に時間を割けそうにないんですが・・・
   できれば、もう少しお時間いただけないでしょうか?」

上司:「そんな細かく丁寧に訳す必要はないから。英語科卒の君ならすぐできるでしょ。」
(いやいや無理ですから・・・なんでいつもこんなギリギリなの??)
--------------------------------------------------------------------------

協力隊参加以前に会社員として働いていたときの一コマです。
こんなことがしょっちゅうありました。
働いていたのは2年間という短い期間でしたが、その間に大学時代(英語科)に匹敵する(もしくは上回る)量の文書を英訳・和訳したと思います。
今思えば懐かしいですが、当時は上司からお呼びがかかり、予想通り翻訳の資料をもらったときは、何度も心の中で「終わった・・・」と唱えていたのを覚えています。
その状況をビジュアルで表わすとこんな感じ↓
R0011862_convert_20091003014709.jpg

他部署の上司から『「芸は身を滅ぼす」だなっ』と苦笑いを浮かべながら言われもしました。
大量の翻訳の洗礼を浴びたのは僕だけではなく同期も然りです。
ほとんど誰も残っていない薄暗いオフィスの中、いつまで経っても終わらない翻訳を分担し、帰りに駅前のラーメン屋に同期とよく立ち寄っていたことは今となっては良い思い出です。

そう、「良い思い出」で終わるはずだったんです。

まさか、ボリビアに来てまで翻訳の呪縛から逃れられないとは・・・
¡Socorro!(助けて~!)
DSCN4042_convert_20091003020118.jpg

今週の頭、パタカマヤ市役所のカウンターパートから「TAKU、ちょっと」と言って呼ばれて行ってみたところ、「これ、訳してくれる?」と言って手渡されたのが英語の文書(計28ページ)。
「ええええ!ボリビアでは英語使うことないと思ってたのにぃ」とは思いつつも、他にできる方もいなさそうなので引き受けることに。
「ちなみに、いつまで?」と聞いてみたところ、「明日までで頼むわ」と。
何で日本でもボリビアでも期限は明日なの!?
さすがに明日は無理だと言ったところ、「じゃあ来週の月曜までで」と、いとも簡単に期限延長・・・
初めからそんなに急ぎじゃなかったんじゃん!と突っ込みたくなりました。

というわけで、
今週の後半は日本にいたときと同様、夜遅くまで英語の文書とにらめっこしています。
さらに、今回は英語をスペイン語に訳すのでさらに時間がかかります。
内容は市役所が購入しようとしているピックアップトラックや大型トラック、クレーン車の仕様書。
しかも、競売のようで色々と書かれている条件を訳している中、果たして自分の訳が正しいのか疑問に思うことも多いです。

今日のやり取り↓ (※CP=カウンターパート)

僕:「これ、競売みたいですけど、市役所が参加するんですか?
   ちょっと手続きがめんどくさそうですけど」
CP:「え?競売なんだ。とりあえず、どんな機能を搭載した車両かを把握したかったんだけど、
   競売とは知らなかったわ」
僕:「仕様書の訳を作るのは良いですけど、この後実際に入札とかする場合、
   どうやってこの会社とやり取りしていくんですか??」
CP:「そりゃもうTAKUに毎回訳してもらうしかないでしょ。ハハハハ」
僕:「いやいやいや・・・・マジで言ってるんすか?」


さてさて、どうなることやら。


翻訳は非常に時間がかかる作業ですが、そのことは出来上がった訳を見るだけではなかなか伝わりづらいものですし、使用される時間は一瞬であることがほとんどです。
会社員時代、何時間もかけて訳した文書でも会議中に数秒プロジェクターで映されて終わりということは普通でしたし、今訳している文書もざーっと眺められて終わりなのかなという気もしなくはないです。
それでも、まさか英語がここで役に立つとは思っていなかったので、面倒な作業であることに変わりはないですが、同時に配属先に協力できている嬉しさも感じています。


「ごめん、後から分かったんだけどスペイン語訳もあったみたい・・・」
っていうオチだけは勘弁ですが・・・

R0011920_convert_20091003020649.jpg
スポンサーサイト

Comment

2009.10.03 Sat 00:00  |  

写真笑った。背骨折れるよね。

  • #-
  • TAKESHI
  • URL

2009.10.03 Sat 00:33  |  

うわ~!何でこんな日にアパなんとかストラテジストが来るんだよ~!

  • #JalddpaA
  • teppei101
  • URL
  • Edit

2009.10.03 Sat 04:50  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2009.10.05 Mon 20:04  |  

あははは。何か芸が身を滅ぼす、、ってわかる気がする。。
(あ、アトランタにいたともこです。)

2009.10.07 Wed 13:02  |  

TAKESHI さん

完全にキャパ超えてます!っていう感じ、伝わりましたか?笑
でも、あの車ちゃんと走ってたんですよね・・・
何か日本のリーマンみたいです(苦笑)

teppei

今あれは誰に引き継がれてるのか気になる・・・
そういえば teppei も中国語で色々つかまってたな!

ともちゃん

ともちゃんは音楽も英語もできるから身が全滅してないか心配です・・・(笑)
こっちのテレビで CNN を見る度にアトランタに帰りたくなります!
皆さんにもよろしくね。

2009.10.12 Mon 10:57  |  

でた!
まだたまに振られる私です。
今アパストでてこずっているのは
私がOJTを担当している1年目のぶっとびちゃんです。
文字通り、メイクがかなりぶっとんでいます。

  • #VwhHdBBk
  • 32goo
  • URL
  • Edit

2009.10.12 Mon 19:22  |  

32goo

翻訳は全然懐かしくないけど一緒に行った喜多方ラーメン屋は恋しいです・・・
ぶっとびちゃんの写真今度送って(笑)
去年はOZがめっちゃ大変そうだったもんなぁ。
先輩、お疲れ様です!

2009.10.14 Wed 23:13  |  

ぶっとびちゃん!うける。若干、90年代のアムラーっぽいです。ダイドードリンコのミスティオ飲んでそうな感じ。

それはバブル期に宮沢りえがよく言ってた言葉ジャン。

ぶっとびぃー!

  • #JalddpaA
  • teppei101
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://taku0805.blog85.fc2.com/tb.php/37-daaf5096
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。