スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅初公開

P8150211_convert_20090819052643.jpg

今日は皆さまを我が家へのバーチャルツアーへとご招待いたします。
ラパス到着後、まずはバスターミナルでオルーロ(Oruro)行きのバスチケットをご購入いただきます。
パタカマヤはオルーロへの道の途中にございますので、
くれぐれも気持ちよく眠り過ぎてお乗り過ごしのないようご注意ください。
ラパスのバスターミナルから約2時間のバスの旅、料金はBs.15( Bs.7 = US$ 1 )になります。
バスはパタカマヤの中心地、国道1号線沿いの決まった場所に停車いたします。
R0011256_convert_20090819053020.jpg

バスから降りていただいた後、オルーロ方面に少し歩いていただきますと、
左手角に黄緑色と青色の壁のお店が見えてまいります。
R0011259_convert_20090819053409.jpg

R0011260_convert_20090819053731.jpg

そこの角を左に折れていただき、コピー屋さん(こっちではコピーは基本委託、機械があっても自分でやらせてもらえない)やネットゲーム屋(ゲームだけでネットができない場合あり・・・小中学生の溜まり場)を横目に50メートル程直進していただくと、いよいよ我が城です。
R0011262_convert_20090819054011.jpg

太陽に照らされ白く輝く壁は姫路城か我が家かという程。う~ん、眩しい!(わけないです)
R0011264_convert_20090819054330.jpg

この重厚(そう)な扉を開いて・・・
R0011266_convert_20090819055114.jpg

ガレージを抜けていくと・・・
R0011267_convert_20090819060026.jpg

我が城の中庭です!
週末は洗濯の日なので場所の取り合いになります。
R0011269_convert_20090819062059.jpg

ちなみにトイレ、シャワーは共同です。
シャワーは例のごとくお湯が出ると言われていながら水しか出ないので現在修理依頼中。
朝は寒さで水道管が凍っているので、当面は夜のうちに溜めておいた水を電気ポットで沸かし、
そのお湯を使って顔を洗ったり、身体を拭いたりしています。

それではおまちかね、マイルームへとご招待いたします。
上の写真、左手前に見えますのがマイルームへと続く扉になります。

鍵を開けましてと・・・
R0011272_convert_20090819062632.jpg

こちらが台所です。ちなみに水道、シンクはなく、水は中庭まで取りに行っています。
R0011273_convert_20090819062916.jpg

ボリビアでは、このようなガスボンベを商店やガス売り車(ときどき町中を回っている)から購入し使用します。
R0011274_convert_20090819063345.jpg

さぁ、それではいよいよマイルームです。
これまで長旅お疲れ様でございました。
こちらでごゆっくりおくつろぎください。
オープン!
R0011278_convert_20090819063621_convert_20090819065907.jpg

R0011279_convert_20090819063952.jpg

入居日にはベッドと机、椅子しかありませんでしたが、カーテン代わりにテーブルクロスを使い、
そしてハンガーや電気スタンド、絨毯を市場で購入し、やっと部屋らしくなってきました。
絨毯を敷くにあたって中学生以来の雑巾がけダッシュをし床もきれいに磨いております(笑)
R0011249_convert_20090819064257.jpg

ここから先は土足禁止ゾーンです。
R0011289_convert_20090819064618.jpg

絨毯に座りながら弾くギターは格別です。
R0011290_convert_20090819064917_convert_20090819065408.jpg

凍える夜はリャマと一緒に寝ています。
ベッドの上にぬいぐるみが見えると思いますが、決してあれを抱きながら寝ているわけではありません。
あくまで活動に必要な道具なので誤解のないように(笑)
R0011252_convert_20090819065229.jpg


いかがだったでしょうか?
パタカマヤに来たくなったでしょ?(笑)
日本のように快適とは言えませんが、アルティプラーノ(アンデス山脈沿いに広がる平原)の
強い日差しの中を歩き、疲れた体を癒すには十分な環境が整っています。
皆さんもボリビアにお越しの際には、ぜひ我が家へお越しください。
あつ~いお茶を淹れてお待ちしております。

¡Mi casa es su casa!(我が家はあなたの家)
R0011327_convert_20090819065717.jpg

スポンサーサイト

Comment

2009.08.20 Thu 05:08  |  

砂に悩まされそうだな!アルティプラーノ。

デカン高原のMy Sweet Villaは、現在シロアリに悩まされています。あからさまに疑惑を抱えていそうな木製窓枠の隙間に殺虫剤をぶっかけたら、何百匹もの蟻が出てきました。

2009.08.20 Thu 07:35  |  お疲れー

自宅、だいぶ整ってきたみたいで良かったね♪忙しい合間によくやったな~と思う。いや~、水道なかったりシャワーが水とかの生活は、大変だね。何か日本が恵まれ過ぎてるんだなぁと感じるよ。でもきっと、日本が便利さと引き替えに失った、もっと大切なものを現地の人たちは持っている気がする。想像だけど☆他の隊員の人も、虫と戦いながら頑張ってるみたいだし、すごいね!私だったら耐えられないなぁ。各地に置かれている、一人一人の隊員の方々の健康と働きが、日々守られますように…☆

  • #-
  • ふみ
  • URL

2009.08.23 Sun 08:27  |  

なんか、ほんとにバーチャル体験した感じ。
素敵な部屋だね~☆
ギターを引いてるたくちゃんが浮かぶよ☆

日本ともセントルシアとも全然雰囲気が違ってすごく興味深いよ!

うちは日本はもう秋がくるよな~って思いながら年中夏を初体験しています。

  • #-
  • yukaringo
  • URL

2009.08.23 Sun 18:49  |  

teppei

そうなんだよ。砂が部屋にすぐ溜まっちゃうのが悩みの種。。。
でも数百匹のシロアリに比べれば全然ましです(笑)
個人的に teppei のブログ見ながら君の創作料理に感心してます。

ふみちゃん

日本で働いている方に比べたら時間的余裕はあるので、
まだまだ全然忙しくないです(笑)
日本人が失ってしまったものもあるのかもしれないけど、逆にこっちに来て日本人の良いところもけっこう発見できます。
例えば「時間厳守」。これって仕事する上でけっこう大事なことだなぁって珍しく時間を守るボリビア人と話してました。
外から日本を見られることの有難さも感じてます。

yukaringo

ルシアからボリビアには来れないから、これで僕の任地への旅行を疑似体験できたなら何より!
日本の秋・・・あぁサンマが食べたい!!
内陸国のボリビアには魚の種類が少ないから余計にそう思う。
yukaringo のルシア日記も更新楽しみにしてます!

  • #-
  • taku0805
  • URL

2009.08.23 Sun 21:41  |  

いいおうちじゃないかー!!

リャマと一緒に寝てるのね。あたたかそう・・。

しかし最後の決め台詞、どこかで聞いたような・・(笑)

  • #-
  • negi@CR
  • URL

2009.08.25 Tue 14:36  |  

negi ちゃん

あ、ばれた?(笑)
リャマだけじゃパタカマヤの寒さを凌ぐのには役不足なので、
今は寝袋に入ってその上にリャマさんをかけてます。
CRの日本語教師セミナーも無事終わってよかったね!
Hirokita がうらやましい・・・

  • #-
  • taku0805
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://taku0805.blog85.fc2.com/tb.php/30-1b70cb89
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。