スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パタカマヤ到着

R0011078_convert_20090802073041.jpg

2009年7月30日午前11時、ラパスから2時間のドライブの後、無事任地パタカマヤ市に到着した。
研修期間が長かったせいもあり、この日が必ずいつかは来ると頭では分かっていても、
まだまだ先のことだという感覚で今まで全く実感が湧かなかった。
しかし、時間はどんなときも必ず前へと同じスピードで進んでいく。

パタカマヤ市は人口約2万人でラパス県の中では、ラパス市、エルアルト市に次いで3番目に大きい町だそうだ。しかし、前述の2つの市は人口100万人を抱える都市であるから、3番目といっても2番目との差は大きい。町の商業の中心がある国道沿いにはお店や住居が立ち並び活気があるが(下の写真の通り)、そこから1本道を中に入っただけで急に閑散とした風景が広がる(その次の写真)。

R0011082_convert_20090802072342.jpg

R0011070_convert_20090802082546.jpg

僕ともう一人の野菜隊員が今回2年間派遣されることになったのだが、2人とも配属は市役所なので、到着早々、市長や先方のボランティアコーディネーターとの挨拶回りをした。
しかし、予定されていた市長への表敬訪問は、市長が急にラパスに行ってしまったとのことで翌日に延期・・・きっとこんなことしょっちゅうあるだろうから気にしません(笑)
市役所はこんな感じでとてもこじんまりしている。現在壁を塗り直し中。

R0011055_convert_20090802075109.jpg

市役所の周りには建物こそ多いが、昼間はみんな別の場所に働きに出ているのか、映画のセットのように人のいる気配がなく、まるでゴーストタウンだ・・・

R0011058_convert_20090802075405.jpg

犬もたくさん死んでいる・・・いや、寝ている(笑)

R0011076_convert_20090802075737.jpg

しかし、昼休みになると学校から子供たちが飛び出してきて、
「あ、やっぱり人は住んでるのね」とちょっとホッとする。
パタカマヤ市には中学生くらいまでの子供はたくさんいるものの、大学生、もしくはそれ以上の20代、30代くらいの若者はあまり見かけない。やはり予想通り、ラパスやオルーロ、コチャバンバといった近隣の都市に皆働きに出て行ってしまうようだ。

今回はJICAが2007年後半から始めたSUMAUMA(アイマラ語で「おいしい水」という意)プロジェクトという農業用小規模灌漑建設プロジェクトとの連携を期待されているとのことで派遣されたので、てっきりやったことのない農業をやることになるかと思っていたが、どうやら同市には他にも多くのニーズがあるようで、僕は地元のNGOと協力して教育分野の活動に主に携わることになりそうだ。具体的な話は来週月曜以降にしていくことになるが、女性グループの活動活性化、サッカー等を通じた青少年育成活動、学校での衛生教育や環境教育、英語教授等、市役所のボランティアコーディネーターからは色々と要望が出てきた。ニーズを積極的にこちらに投げかけてくれるのは嬉しい。「協力隊、JICAってそもそも何?」、「あなたは何をしにきたの?」というような反応を示す場所も少なくないと以前から聞いていたので、パタカマヤ市役所はその点温かく迎えてくれている。その裏には、きっと僕らよりも先にこの地に来て働いている2人の女性先輩隊員の存在が大きいはずだ。彼女たちは市内にある病院で勤務している栄養士さんと助産師さんだ。中国人すらいないこのパタカマヤという田舎町に日本人が4人もいるのだからすごいことだ。保健分野での活動が必要な場合もサポートをしていただけるのでとても心強い。

ここ、パタカマヤはラパスから南に伸びる国道1号線が通っていて、各主要都市に行くバスやトラックが昼夜を問わず、ひっきりなしに走っていく。またチリへと続く道(この道はJICAの協力で造られた)も通っているので、チリの港町から運ばれてきた日本車やトラクターを何台も見た。こんな田舎町でヤンマーやクボタのトラクターを見ると、このトラクターたちは以前どこの農家で使われていたんだろうと想像力が掻き立てられる。そして、一番面白かったのはこれ↓

R0011088_convert_20090802080746.jpg

見づらいと思いますが、シャディのサラダ館の社用車です(笑)
電話番号が “0287” から始まってるので 栃木県の道を走ってたんだろう・・・
何かこんなところで埼玉県のお隣さんに出会えて嬉しくなる。

あ、ちなみに家は決まったものの、壁のペンキ塗りが終わってなかったり、家具がまだ何も入っていなかったり鍵や鉄格子などの防犯対策がされていないとのことで、8月10日まで入居できず、現在ホテル暮らし。ホテルなんていうと聞こえが良いが、お湯が出るというシャワーは浴びると冷たいぬるま湯しか出ないし、部屋で唯一の電球も切れたりと快適とは言えない場所だ。ただ、これから入居する家も似たり寄ったりだと思うので慣れの問題ですね。

そして、こちらに来てから久々に坊主にした。当たり前だが寒いです(苦笑)
シャワーもなかなか浴びれないと思うのでこの方が楽なんです。

R0011094_convert_20090802081228.jpg

ありがたいことに町にネットカフェが2軒あったので、音信不通になることはなさそう。
頻繁にとはいかないですが、またこちらの活動をアップしていきます。

とりあえず僕は元気にやっています!
スポンサーサイト

Comment

2009.08.01 Sat 20:29  |  

日本のボリビアからこんにちは。

とりあえず、無事に赴任で来たようで何よりです。
サッカーを通した青少年教育をやるとしても、キーパー
だけはやらないでください。また痛い目にあいますよ(笑)

それでは、がんばって!!

  • #-
  • tomo
  • URL

2009.08.02 Sun 01:35  |  

あれこれカタロ~グショ~ッピング♪

ですね。(あれ?知らないか?)

無事任地に着いたんだね!
また活動の報告楽しみにしてるよ~

  • #-
  • negi@CR
  • URL

2009.08.05 Wed 09:48  |  

坊主ええ感じやね◎
ブログ楽しみにしてるわな!

頑張ってな!!    川崎より

  • #-
  • kawasaki
  • URL

2009.08.07 Fri 17:07  |  

tomo

同じ内陸国、埼玉県よりってことね(笑)
でも、ボリビアは埼玉より奥が深くて飽きません・・・なんて言ったら怒られますね。
今回は大人しくCB(センターベンチ、又は12人目のプレーヤー)として共に戦おうと思います(笑)

negi ちゃん

カタロ~グショ~ッピング♪ ・・・ごめん、知らない(笑)
HORA TICA ・・・おもしろいね!
negi ちゃんのコスタリカ話もいつも楽しみに見てるよ。
ミドリさんにもよろしく!

kawasaki(てか、とっさん!)

コメントありがとう!
大阪にも南米のアツさをお届けできるよう、これからも更新してくんで覗いて行ってね。
みんなにもよろしゅうお伝えください!



  • #-
  • taku0805
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://taku0805.blog85.fc2.com/tb.php/24-96bd062d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。