スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小さなハート」プロジェクトについてのご報告

昨年10月にブログで紹介しました「小さなハート」プロジェクト。
多くの皆様にご関心を寄せていただいた結果、大変ありがたいことに12月末には必用な額の支援金が集まりました!
プロジェクト作成時にはどれだけの方に支援いただけるだろうか・・・本当に計画が実施できるだろうか・・・など不安がよぎりましたが、それも杞憂に終わったのはいつも応援してくださっている皆様のおかげです。
募金にご協力いただいた皆様、励ましの言葉をくださった皆様、プロジェクトに関心を持ってくださった皆様、お一人お一人に感謝申し上げます。

さて、その後ですが、紆余曲折を経たものの4月8日に機材譲渡式を無事終えることができました。
支援金集めに最も苦労するのではと思っていましたが、一番の山はその後に訪れました。
2~3月にかけて、支援金を使用して必要機材の購入、設置を行っていきましたが、何しろここは日本のように物事がスムーズに運ばないボリビアです。
「案の定」と言っては申し訳ありませんが、様々な問題により必要以上の時間がかかってしまいました。
どんな問題があったかと言うと・・・

①当初プロジェクトを立ち上げた際に集まっていた組合員(代表、副代表など中心人物は除く)が、なかなか集まらなくなったこと。会議の日取り、時間に関する連絡が滞ったり、開始時間に遅れたりすることなど多々あった。そのため、本当にやる気のある女性だけに組合に残ってもらうよう働きかけたところ、当初24名いた組合員は約半数に減ったものの、熱意や積極性のある女性たちが新組合員として入ることで、結果的にはより良いメンバー編成になったと思われる。
②必要物品の再見積もり、購入、設置について、非常に時間がかかったこと。少しでも同じ品物が安く買え、他の必要な物品にお金をまわせるようにと、市(いち)のたつ日に合わせて買いにいったことも多かった。しかし、ちょうどカーニバル(ボリビアだけでなく南米中で広く祝われる一年で最大のお祭り)の時期に重なってお店が開いていなかったこともあり、全てを揃えるまでに時間を要した。
③ボリビア全体に言えることではあるが、当組合も含めて、長い間、援助を受ける側としての体制(心理的にも)であったため、こちらから問い合わせないと、自発的にプロジェクトが動いていかないという問題があった。
④組合におけるリーダーのあり方・協力体制のあり方について、個々人は力をもっているが、組織として運営することについて、経験が浅いせいか、まだうまく機能しないこと。代表者がうまく仕事を分担させられず一人で抱え込んでしまい、結局出来ずじまいということも少なくなかった・・・
⑤Junta vecinal (地区の管理委員会)が期待したほど協力的でなかったこと。具体的には当初彼らが約束していた活動場所の電気配線工事を期間内にやらなかったため、急遽、組合、隊員、NGO自身で整備することになった。

※支援者の皆様宛にはより詳細な報告書を作成しましたので、「協力隊を育てる会」経由で送らせていただきます。お手元に届くまでもう少々お待ちください。他にも興味のある方がいらっしゃいましたらご連絡ください。メール経由で送らせていただきます。

以上に挙げたような問題があり、僕ら隊員とNGOは何度も女性組合と会合を持ち、議論を繰り返し、彼女たちを励まし続ける必要がありました。
新しいことを始めるときは常に苦労が伴いますが、「マチスモ」と言われる男性優位社会で育ち、自発的に何かを行うことに慣れていない田舎のボリビア女性にとって、それは尚更のことでしょう。
プロジェクト作成時には予想していなかった苦労もありましたが、このプロジェクトの目的は機材の譲渡ではなく、その機材を使い、彼女たちが経済的により自立していくことなので、将来を考えるとこれらの「産みの苦しみ」はむしろ必要なことだったと思います。

つい先日、活動場所に様子を見に行きましたが、忙しそうに働く女性たちの姿がありました。
フードプロセッサーを使って作るポテトチップスに対して、近隣の商店等からたくさんの注文が入ってきているとのことで、午前・午後の交代制で対応に追われているとのこと。
元々ベジタリアン・チョリソーを作るために購入した機材ですが、このようにして他の商品を作るのにも役立っています。
本格的にチョリソーを販売していくにはまだまだ課題が残っていますから、それら一つ一つを解決していくのと平行して、このような副次商品の販売も行っていければ良いのではと思います。
嬉しいサプライズでした。

前述の通り、機材の購入・設置に必要以上の時間がかかってしまったため、4月中に全てを終了させるという計画に遅れが生じています。
そのため、僕はこのプロジェクトを最後まで見届けられませんが、残りは共同申請者であるもう一人の隊員がしっかりと引き継いでくれます。
現在、NGOによる技術支援(会計、ベジタリアン・フードの生産・加工過程に関する技術指導)が行われている段階ですが、今後これらの支援が実を結び、女性たちやその家族の生活の質が向上していくことを願うばかりです。

活動場所にある機材一つ一つ、そしてそれを満足そうな表情を浮かべながら扱う女性たちの姿を見るにつけて、皆様からいただいた温かな気持ちを感じます。
このようにして、プロジェクトを企画、実施する機会を与えてくださったことにも感謝しています。
本当にありがとうございました!

以上、ご報告いたします。

※以下、4月8日の機材譲渡式の様子です。

R0019579_convert_20110514001150.jpg
式典はJICA、NGO関係者、そして女性組合員の家族や友人等、多くの方々に見守られる中執り行われた。

R0019595_convert_20110514001626.jpg
式典中には購入した機材の使用方法を女性たちが実演してみせた。

R0019572_convert_20110514002400.jpg
購入した機材には全て、日本とボリビアの国旗をあしらった隊員手作りの「小さなハート」シールを貼付。

P4080068_convert_20110514002601.jpg
当日は地元TV局2社も取材に来た。
スポンサーサイト

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。