スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウユニ塩湖

R0019828_convert_20110429001632.jpg
ついに行ってきました!
世界の不思議、ウユニ塩湖へ。
標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、面積約12,000km²の広大な塩の固まりであり、塩湖としては世界一の面積を誇ります。
電気自動車の電池に必要と言われ将来的に需要が拡大すると見込まれるリチウムも、世界全体の約半分の埋蔵量がこのウユニ塩湖の下に眠っていると言われ、日本をはじめ各国が採掘権を巡ってしのぎを削っています。

ウユニ塩湖を訪れずしてボリビアは語れない・・・
最近は日本でもTV等で特集されているようで、日本人の間でも広く知られるようになってきた場所です。
他の隊員で人によっては2,3回も訪れているにも関わらず、僕は今の今まで一度も行ったことがありませんでした。
初めは一人でこの大自然の神秘を満喫しようかと思っていましたが、出発前日にいつも買い物をする商店の息子(15歳)に旅行のことを話したところ、「おれも行きたい!」という話になってしまいました。
しかし、問題はお金・・・
早速お母さんに相談しましたが、突然ということもあり、必要な旅費の半額までしか最大でも出せないとのこと。
そりゃそうです・・・日本人の僕にとっては2日ほど働けば十分稼げるお金でも、パタカマヤのような小さな町でシングルマザーとして3人の子どもを育てる彼女にとって、この金額は大き過ぎる出費です。
残額をどうにか工面できれば息子を僕に預けて旅行させることは可能とのこと・・・
でも、残額を工面するといっても、そんな急にあてがあるはずもありません。
「それっておれ次第ってことじゃん」と自分の心の中で声が聞こえました。
そしてそれに呼応するかごとく、お母さんからも「あなた次第よ」と(笑)
日本じゃ人に金を借りて(というかもらって)まで息子を旅行させるっていうのはあまり考えられないと思いますが(ある意味恥ですよね?)、こっちでは、というかこのお母さんにとっては、それほど抵抗感を感じるものでもないようです。
「おいおい、おれ次第かよ・・・」とは思いましたし、「ある特定の個人に対して自腹を切るのはどうなのか」とすごく迷いましたが、こんな機会も滅多にないだろうと思い、最終的に連れて行くことにしました。
いくら仲が良いとはいえ、外国人の若者に自分の息子を預けて旅させるってのも相当なもんですよね。
言い様によっては上手く使われた?のかもしれませんが、ここまでパタカマヤの環境に慣れることができたのは彼らの助けなくしてはあり得なかったですし、この2年間で築いた信頼感もちょっと嬉しかったので、思い切って決断しました。

遠出なんてほとんどしたことのない彼にとって、この旅行は本当に貴重な経験だったようです!
旅行中、そして旅行後の彼の満足そうな表情から連れて行ってよかったなぁと心底思いました。

R0019696_convert_20110429001944.jpg
ウユニ塩湖に向かう前に訪れた「列車の墓場」。20世紀初頭まで、ボリビアで採掘した大量の錫(スズ)をチリの港町まで運んでいた列車たちがここに眠っています。

R0019719_convert_20110429002331.jpg
塩湖では浮いてみたり・・・

R0019725_convert_20110429002910.jpg
乗せてみたり・・・

R0019841_convert_20110429003324.jpg
鏡に映ってみたり・・・

R0019767_convert_20110429004056.jpg
そして、塩でできたホテルにも泊まりました!

さえぎるものの何もない塩湖では、夕陽も本当にきれいでした。
太陽が地平線に沈んだとき、「もうすぐこの太陽が昇る反対側に帰るんだなぁ」と少し感傷的な思いにもなりました。
R0019787_convert_20110429004431.jpg

彼も一緒に連れていこうと思った決め手になったのは、この旅が彼の今後にも少なからず良い影響を与えてほしいと思ったからです。
「視野を広げる」とでも言うところでしょうか。
僕自身、13歳のときに初めての海外旅行でアメリカはカリフォルニアでホームステイをする機会を得ました。
通っている教会の牧師先生がコーディネートしてくれた旅です。
当時の僕といえば、まだ中学校に入ったばかりで勿論英語なんてしゃべれません。
今でも忘れませんが、とあるレストランに夕食を食べに行った際、そこのトイレがあまりにも綺麗でチップとして5ドルも払ってしまった何も知らない「おこちゃま」でした(笑)
でも、このとき食べた大きなハンバーガー、プール付きの家、色々な肌の色を持つ人々、何となく感じた自由な雰囲気・・・等などが僕の中で大きな刺激となり、「またいつかここに帰ってきたい」というモチベーションになりました。
それ以後、英語は特に力を入れて勉強し、大学も外国語大学の英語科に進み、念願の留学もさせてもらえることになったわけです。
大半のボリビア人がウユニ塩湖には行ったことがありません。
そこにいたのはガイドを除きほとんどが外国人でした。
おそらくこの15歳の息子も、この機会を逃していたら一生行くことはなかったかもしれません。
「黄金の王座に座った乞食」とまで揶揄されるボリビア人自身が、自分たちの国の豊かさを知ることができないのは残念ですよね。
この旅が「TAKUとの思い出」だけでなく、彼の今後にとっても忘れられない経験として残っていってくれればと願っています。

ウユニ塩湖旅行、実はこれで終わりじゃないんです!
嬉しい出会いがありました。
ツアーで一緒になった2人の日本人旅行者が何とパタカマヤまで遊びに来てくれたんです!
「バックパッカーをしていると観光地しか回れないし、協力隊の人がどんな場所で生活しているのか見てみたい」と、貴重な旅行中の2日間を割いてわざわざ僕の任地まで来てくれました。
といっても何しろパタカマヤですから、自慢できる観光名所なんてありません。
それでも、自宅や活動先の近隣の学校にお連れして、一緒に手洗い教室をしたり、先生方とバレーボールをしたりしました。
パタカマヤ名物?(本当はオルロの食べ物ですが、うちも負けてません!)のチャルケカン(リャマの干し肉を揚げたような食べ物)も皆で食らいました。
さらに、自宅のすぐ隣にある学校がもうすぐ創立記念日を迎えるということで、みんなで大掃除をする日にちょうど重なったので、3人で箒と塵取りを持って手伝いに行ってきました。
R0019853_convert_20110429004722.jpg
R0019851_convert_20110429004907.jpg

掃除の後は小学生のフットサル大会も見学。
人懐っこい子どもたちに囲まれて楽しいひとときを送りました。
R0019857_convert_20110429005040.jpg
R0019855_convert_20110429005336.jpg
R0019861_convert_20110429005855.jpg

大学生のNくんは、今年の暮れ頃までを予定している世界一周旅行の最中。
パタカマヤの地元民との触れ合い、そしてこれから待ち受けているだろう数多くのドラマが、彼の今後に大きな指針を与えてくれることを願っています。
そして、転職を機に南米への旅に出たYさんは気配り上手な頼れる兄貴。
このブログを見る頃にはもう帰国の途についていると思いますが、パタカマヤの風景が鮮やかに旅の1ページを彩り、東京での忙しい毎日の中でも思い出されれば嬉しいです。

R0019862_convert_20110429010016.jpg
出会いに感謝!また会う日まで!
スポンサーサイト

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。