スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La Paz para los Niños / 世界の子どもに平和を

IMG_0745_convert_20101123070312.jpg

11月20、21日の2日間、ラパス市内のとあるギャラリーで “La Paz para los Niños” と題した展示会を行った。
内容は、原爆パネルの展示と世界の子どもたちの写真の展示の二部構成。
日本と違い、週末になると町中が静かになるボリビアの首都ラパスで、約300人の方々に来場していただくことができた。

11月20日は「世界の子どもの日」(Universal Children’s Day)と国連によって制定されていることを知り、いつの時代も戦争やあらゆる類の暴力の犠牲になっている子どもたちのことを覚え、反戦と平和への思いを共有する機会を創出する目的で、この企画を立ち上げた。
足を運んでくださった一人ひとりの来場者とも、そして一緒にこのイベントを作り上げてきた他の協力隊員とも、平和への願いを一つにすることができた最高の展示会となった。

前日は、皆で原爆パネルや写真を貼り・・・
IMG_0477_convert_20101123070744.jpg

図面を見ながら慣れない準備の指揮をし・・・
IMG_0481_convert_20101123071111.jpg

無事準備も終わり、開催当日を迎えた。
IMG_0649_convert_20101123081647.jpg
IMG_1134_convert_20101123082123.jpg

訪れた人々の大半が、原爆のことを歴史上の出来事としては知っていた。
しかし、実際に何が起きたのか、写真や多くの情報に触れながら知るのは初めて。
子どもから大人まで老若男女を問わず、原爆パネルを通して伝わってくる凄惨さは人々の心を捉えたようだった。
P1010660_convert_20101123083119.jpg
IMG_0740_convert_20101123083617.jpg

原爆の恐ろしさをまざまざと伝えてくれた写真集。
IMG_0728_convert_20101123084114.jpg

広島と長崎に送るための千羽鶴を一緒に折った。
P1010399_convert_20101123085438.jpg

広島に落とされた Little Boy の実物大の絵を描き、その上に僕らの平和へのメッセージを貼ることで消していくというアクティビティーも行った。
IMG_1094_convert_20101123085912.jpg

世界中から集まった43の国・地域で撮影された400枚弱の写真も参加者の目を引いた。
隊員有志の中で選んだ30枚はキャプションを加えた形でパネルにし・・・
IMG_0864_convert_20101123212914.jpg
IMG_1096_convert_20101124031012.jpg

他の写真も編集を加え、スライドショーという形で全て来場者に見ていただいた。
IMG_0899_convert_20101123213634.jpg

皆と一緒にイベントを行うことができた幸せ・・・
R0031684_convert_20101123211826.jpg

実は、このようなイベントを最初に企画したのは今年の6月だった。
ボリビアに来て早々、とある折り紙団体の代表者(ボリビア人)と仲良くなったが、彼と一緒に原爆パネルの展示と折り紙のアクティビティーを交えたような展示会をしようと、毎週末ラパスに行った際に話し合いを重ねた。
彼は日本にも行ったことがあり、僕だけでなく他の協力隊員とも親しくしてきた。
何より彼や彼の団体のメンバーが作る折り紙作品は、芸術とも言えるほど精巧で美しいもので、日本人の僕らが彼らに折り紙を習うほどだった。

しかし残念なことに、このイベントは結局実現できなかった。
詳細は避けるが、彼や彼の団体の評判が良くないことを耳にし、準備が思うように進まなくなってしまったからだ。
自分が信頼している人からも、同じように信頼している彼のことをまるで犯罪者かのように悪く言われ、必要な助けを得ることができなかった。
それに何より辛かったのは、誰の話を信じていいのか僕自身分からなかったことだ。
彼のことは今でも信頼している。
しかし、結局約1ヵ月半注力し準備してきたことが、このときは辛さ、悔しさ、やるせなさが混じった涙と共に、パソコンの中のデータとして終わってしまった。

それだけに、数ヵ月後に今回の展示会開催を迎えることができた喜びは一入だった。

会場となった国立芸術学院で働き、場所の確保に努めてくれた隊員。
職場の同僚や友人と一緒に、広島や長崎に送るための鶴を折ってくれた隊員。
配属先の学校で平和について、原爆の恐ろしさについて、子どもたちに考える機会を与えてくれた隊員。
映像製作、コンピューター等の分野でプロとして働いてきた経験を、この企画のために惜しみなく捧げ、活かしてくれた隊員。
この企画の運営に必要な資金集めのために、大して余裕のない月の生活費からカンパをしてくれた隊員。
おいしい食事を作って労をねぎらってくれた隊員。
世界中からこの企画に賛同し、写真や励ましの言葉を送り、かけがえのない協力をしてくれた隊員、そして友人たち。
企画の成功のために必要な情報、資料を快く提供してくれた平和市長会議、広島平和記念資料館,広島市役所や長崎市役所の職員の方々。
「これは参考になるぞ」と、原爆に関する色々な写真集や絵本など関連書籍を選び、購入し、ボリビアまで送ってくれた父、そして常に応援してくれた母や妹。
そして、平和を守ることの大切さを教え、この企画を立ち上げようと思ったきっかけをくれた祖母。

たった2日間のイベントの裏に実に多くの方々の支えがあること、そしてその支えを自分が受けることができること。
そのことを思う度に感謝と喜びが湧いてくる。

幸運にも僕らは平和展というイベントをできる立場にいるが、世界には今この時もあらゆる類の暴力に苦しむ人々がたくさんいる。
平和を作っていく作業は、たった一度のイベントだけで終わるわけがない。
このイベントを通して皆の間で共有した平和への思いを、ボリビアでも、日本でも、はたまたこれから向かうかもしれない別の国でも、この世に生かされている限り常に心に燃やし続けていきたい。
そして、心に抱く思いを行動として現せる者でありたい。

平和という名のついた町から、今、平和への願いを送る。
スポンサーサイト

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。