スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願成就!

DSCF4752_convert_20090831072818.jpg

ついに・・・ついに・・・ついにこの日がやってきた。
ドンキホーテ蕨店でまとめ買いをしていたカレールー。
今日、ついにその封を切った!

僕は無類のカレー好きである。
(冒頭の写真は、3年前インドに行ったときのもので、カレーにがっついている様子)
カレーならおそらく毎日食べてもいいかもしれない。
といっても、別に味にうるさいわけでもなく、自分でスパイスを揃えて作るほど凝ってもいない。
「こくまろ」や「熟」といった庶民の味がお気に入り。
つまり、市販のカレールーを使ったカレーで十分なのだ。

出国前からボリビアでは必ずカレーを作って食べようと決めていた。
材料となるジャガイモ、にんじん、玉ねぎはふんだんにあるし、
これらの材料でカレーだけでなくクリームシチュー、ハヤシライス、
ハッシュドビーフなど何でも応用が利くからだ。
固形ルー最高(笑)

今回買った材料は以下の通り:
R0011425_convert_20090831073322.jpg

ジャガイモ4個、にんじん2本、玉ねぎ1個・・・これ全部で何と Bs. 2!(約30円弱)
牛フィレ肉 300g・・・Bs. 7.50(約110円)
お米 2 lbs(約900g)・・・Bs. 7 (約100円)

見ての通り、材料費はかなり安く済む。
ただ、問題となるのがカレールー。
ここボリビアで日本から輸入したものを買うと固形ルー1箱で約700円もする。
ということで、これから僕宛に小荷物を送ってくださる方、ぜひ固形ルーをそこに加えてください!(笑)

できあがりは以下写真の通り!
R0011426_convert_20090831073659.jpg

ライスの方は普通の鍋にお米と水(お米より人差し指第一関節分程上にくるくらい)を入れ、
中火から弱火くらいで炊いた。
お米の品種が違うせいもあり、独特の香りと芯が少し残ってしまったが
カレーと一緒に食べる分には無問題!
炊き方は何回か試してみて一番良いやり方を見つけたいと思うが初めてにしたら上出来だろう。
カレーの方は文句なし!
さすが市販の固形ルーは最強だ。
一晩寝かせて明日はまたさらに美味しくなっているだろう・・・あぁ楽しみ。


料理も含めてだが、自宅に入居して以来、部屋の掃除や洗濯など家事をするのが楽しくなってきた。
「家事」といっても自分一人分なので大した仕事量ではないのだが、
部屋の床を雑巾で拭いた後や洗剤の香りの残る洗濯物を手にしたときに爽快感を感じるようになった。
きっと日本にいた時より自由な時間が増えたからだろうが、
何かをしてないと落ち着かないことさえあり、自然と身の回りのことが気になるのだ。
日曜大工って程ではないが、絨毯に座りながら食事や勉強ができるよう机も作ってみた↓
R0011518_convert_20090831074425.jpg
R0011522_convert_20090831074649.jpg

今頃目覚めてゴメン、母さん(苦笑)
スポンサーサイト

プロフィール

taku0805

Author:taku0805
名前: TAKU
職業: 村落開発普及員
(青年海外協力隊)
出身地: 埼玉県
現在地: ボリビア
目的地: 神様におまかせ

最新記事

最新コメント

メールフォーム

ご意見、ご質問等はコチラまで↓

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © taku0805
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。